セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

マンガ電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

マンガの新着作品をもっと見る

マンガランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

自由と誇りのために疾走する人馬たちの姿を、躍動感満載で描く!

人馬 (一)【電子限定特典付】

可愛らしい姿のケンタウロスが登場する作品が多い昨今、本作の表紙に登場しているワイルドな彼は、和風ケンタウロスこと“人馬”の松風です。
著者の墨佳遼先生は大ヒットゲーム「モンスターハンター」のキャラデザインを担当していたということで、人馬たちの逞しく、優美な姿は本作の魅力のひとつです。

一方でそのストーリーは重厚感があります。
人と同じように言葉を話し、文化的な生活を送りながら、人によって家畜同然の立場に貶められている人馬たち。
息子を庇って人の手に落ちた松風が、脱出して家族との再会を目指す、、、というのが本作のストーリーです。

かつては神として崇められた誇り高き人馬たちが心身の自由を奪われている様子には心が痛みます。
その状況にまっすぐな怒りを燃やし、決して人に屈さない松風に対し、人による飼育下で生まれて使役されることを当然とする人馬もいる。
家族とは、仲間とは、そして生きる意味とは?読者の胸に強烈に訴えかけてきます。

逃亡者となった松風を追うのもまた、人馬の速魚。
盲目的に人を主としてきた“彼女”が、様々な出会いと経験を通して本来の自分を取り戻していき、最後の瞬間に誰にも邪魔されない自由を得る瞬間は号泣必至です。

続きを読む

折りたたむ

byMichi  (BOOK☆WALKER スタッフ)

自ら提案してくる系主人公

どこの馬の骨とも知れないお姫様のブルース

作家さんの頭の中ではこうやって常に会議が行われている状態なのですね、と妙に納得できる。

勇者は作者に告げるのです。

これから助けるどこの誰とも分からないお姫様よりも、一緒に戦っている彼女を好きになってしまったと…。

いやこれまったくその通りじゃね?
苦楽を共にし、命をかけて戦った仲間、そっちの方が断然好きになるよね!

知らないお姫様といきなりくっつけってそりゃあ…ねえ。
でも物語的にはその方が美しいという作者の意見も分からんでもない。

その攻防の行方をお楽しみください。

続きを読む

折りたたむ

byじゃんけん  (BOOK☆WALKER スタッフ)

レーベルから探す

マンガ関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです