セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

文芸電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

文芸の新着作品をもっと見る

文芸ランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

再読必至!途中で真相に気が付いた人は天才です!

神様が殺してくれる

『すべてがFになる』著者、森博嗣の海外を舞台にしたミステリー!
まず、最初に言っておきたい。このトリック、騙されない人いるの?

“女にしては美しすぎる”と評される美貌の持ち主、リオン。
彼に関わる人間は性別を問わず、惹きつけられ、惑わされ、そして死んでいく…。

連続殺人の現場に必ずいる“リオン”だが、犯行は物理的に不可能。
これといった証拠もなく、動機も見えず、気が遠くなるような地道な捜査を繰り返す警察。
捜査令状も取れず、重要参考人を拘束することもできない!もどかしすぎる!

犯人は誰なのか、なぜ殺すのか…。
小さな糸口が見つかったかと思えばまた見失う。

推理してやろう、などという余裕が無くなるくらい振り回され、気になって眠れなくなるほどハマります。
そして最後の最後で想像の斜め上をいくどんでん返し。

「こりゃ、一本取られた!」と自身のおでこをペチンとしてしまうこと請け合いです。

続きを読む

折りたたむ

bySS典子  (BOOK☆WALKER スタッフ)

落語「死神」は実はこんなお話しだった!

落語文庫(12) 寿の巻

落語は聞くものという印象だったのですが、
はたして基本形はどんなもんだろうと手にとった1冊。

死神に取り憑かれ、医者として詐欺(?)を働く男。
その男がなぜ死神に憑かれ、最後はどうなってしまうのか…。

ほうほう、実はこんな話だったのね。
と、読みながら頭の中では与太郎を語り手として変換してしまう。

同じ話なのに語り手で大きく印象が変わる落語。
基本がわかると、語り手のアレンジに感服します!
特に好きなお話しはぜひ基本をチェックしてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

折りたたむ

bySS典子  (BOOK☆WALKER スタッフ)

レーベルから探す

文芸関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです