セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

文芸電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

新着作品をもっと見る

文芸ランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

桜庭一樹が描く、薄暗く美しい王道ファンタジー

ほんとうの花を見せにきた

「ムスタァ、ぼくのバンブー」

このセリフを思い出すだけでウルっとくる本作はバンブーという吸血族が、
家族を失った少年を保護するところから始まります。

若いまま年をとらず、鏡に映らず、夜しか活動ができないバンブー。
バンブーの掟では人間との接触や正体をばらすことは大罪…。
にもかかわらず、少年と一緒に暮らすことを選んだ二人のバンブー、ムスタァと洋治。

とても暖かく、家族愛に満ちた禁断の生活。
一日でも早く二人に恩返しがしたい、喜ぶ顔がもっと見たいと勉強に励む少年。

大人になっていく人間と、大人になれないバンブー。

いつまでも一緒にはいられないということを理解できないまま、別れは突然やってくる。
どうしようもない残酷な運命と、深く愛されていたと失って気が付く残された少年の後悔に共感し、涙なしには読めないファンタジー。

続きを読む

折りたたむ

bySS典子  (BOOK☆WALKER スタッフ)

ムーミン谷に隠されたひみつを読み解く謎解き本!

だれも知らないムーミン谷  孤児たちの避難所

アニメでおなじみのムーミン。
しかし、原作を丹念に読み解くと、アニメのムーミンとは異なる「もう一つのムーミン谷」が見えてきます。
たとえば、ふしぎなことにムーミン谷は、子どもだけで暮らす孤児ばかり。またたびたび彗星衝突の危機や洪水などの自然災害に見舞われます。
やがて、原作においてムーミンが行なったある行為が、谷にもう1つの世界=「冬の世界」をよびこむことになります。はたしてムーミンはどのようにこの危機を乗り越えるのでしょうか。
原作を読むだけでは気づかない、まったく新しい「象徴的読解」です。

続きを読む

折りたたむ

by第二編集部 大槻美和  (朝日出版社)

レーベルから探す

文芸関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです