セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

文芸電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

文芸の新着作品をもっと見る

文芸ランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

「ハルチカ」シリーズ“初野晴”のデビュー作!

水の時計

青春 ×部活×ミステリーの「ハルチカ」シリーズとは違った薄暗い雰囲気にビックリ!
脳死と判断された少女が自らを分け与えるファンタジックミステリー。

人として意思があるのに、話ができるのは月明かりの夜のみという主人公の少女は、
生と死の狭で未来のある者に臓器を分け与えたいと願う。
その願いを叶えるため、少女から命を切り取り、臓器を運ぶ少年。

臓器を分け与える度にボロボロになっていく少女を見なくてはいけない少年の作業はあまりにも辛く、少しでも誰かが幸せになればと願わずにはいられません。
にもかかわらず、与えられる者にもそれぞれの想いや事情があり、少女の願いが必ずしもハッピーエンドにつながらない切なさに、胸が張り裂けそうになります。

最後の一文を読んだ後に押し寄せる静かな余韻がいい。

続きを読む

折りたたむ

bySS典子  (BOOK☆WALKER スタッフ)

水の時計

初野晴KADOKAWA / 角川書店

日本でもっとも有名な女性刑事――その軌跡

ストロベリーナイト

姫川玲子が登場して、日本の警察小説シーンは大きく変わりました。
男社会の警察組織に臆せず向き合い、凄惨な殺人事件の捜査に活き活きと奔走し、なおかつ美しくあろうと身だしなみにも気を遣う魅力的な女性刑事は、彼女が初めてだったのです。
今、「姫川玲子シリーズ」には、こんな宣伝文句がつけられています。
「日本でもっとも有名な女性刑事――その軌跡」。
ぜひ、彼女の捜査に、立ち合ってみてください。

続きを読む

折りたたむ

by担当者  (光文社)

ストロベリーナイト

誉田哲也光文社

レーベルから探す

文芸関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです