ウィッチャー - あのライトノベルが好きならこの文芸がオススメ

2019年2月28日更新

『ゴブリンスレイヤー』が好きなら
『ウィッチャー』がオススメ

ラノベ
ゴブリンスレイヤー

ゴブリンスレイヤー

著者:蝸牛くも イラスト:神奈月昇

レーベル:GA文庫

共通点はココ!
ールプレイングゲーム(RPG)の世界観

モンスターを相手に剣と魔法で立ち向かう、古典的なRPGの世界観での冒険物語。

々な異種族が同じ世界に共存している

エルフ、人間、ドワーフなど、異種族が社会に混ざり合って暮らす、ハイ・ファンタジーといわれるジャンル。

け容赦のないダークさ

モンスターに襲われた冒険者、敵国に捕まった兵士など、その悲惨な末路を容赦なく描き切る。

ウィッチャー

ウィッチャー

著者:アンドレイ サプコフスキ 訳者:川野靖子 訳者:天沼春樹

本作のタイトルにもなっている存在『ウィッチャー』は、人に害を与える怪物(モンスター)を狩るために、魔法や薬物によって常人を超える力を手に入れた「モンスタースレイヤー」の部族のこと。
主人公“リヴィアのゲラルト”は、<白狼>の異名を持つ腕利きのウィッチャー。
彼を中心に、亡国の姫“シリ”を巡って、広大なファンタジー世界を股にかけての物語が描かれます。

『ウィッチャー』の世界観はダークかつハード。
戦闘シーンに限らず血や内臓が描写されますし、楽しい酒場での会話ですら、死や性に関することばかりだったりと、かなり殺伐としています。
さらに舞台が沼地や鬱蒼とした森林が多いので、文章から湿気が漂っているような気さえします。
そんなダークで静謐な雰囲気からは、ライトなファンタジーにはない、大人っぽさをひしひしと感じられることでしょう。

全世界で3,000万本以上売れたゲーム版の方が、最近は有名かもしれませんが、根幹をなすストーリーの面白さは原作小説が持たらしたものです。

ファンタジー小説が一般化していく中で削ぎ落としていった、大人っぽい要素を色濃く残すダークファンタジーの傑作をどうぞお楽しみください!

初回購入キャンペーン実施中!「初回購入」合計額から半額還元
公式SNSアカウント一覧
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • Facebookアイコン

▲このページのトップへ

BOOK☆WALKERトップページへ