電子書籍 いってもらいます!(分冊版) マンガ

完結
著: 木村知夫  著: 向丘遊 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

いってもらいます!(分冊版) 【第1話】 あらすじ・内容

江戸の絵師・伊藤雀蝶は、版元・辰屋と組んで春画を売りさばき、暴利をむさぼっていた。その春画の題材になった女たちは、番頭に慰み者にされていた。欲望と金儲けのために悪の限りを尽くす三人を、影の後家人が始末する……。

この作品を共有
  

「いってもらいます!(分冊版)」最新刊

何者かが、すうに次々と襲い掛かる。身の危険を感じたすうは、江戸を出ようとするが、次第に追い詰められていく……。

「いってもらいます!(分冊版)」作品一覧

(6冊)

各100円 (+税)

まとめてカート

江戸の絵師・伊藤雀蝶は、版元・辰屋と組んで春画を売りさばき、暴利をむさぼっていた。その春画の題材になった女たちは、番頭に慰み者にされていた。欲望と金儲けのために悪の限りを尽くす三人を、影の後家人が始末する……。

すうは、油問屋の鳴門屋善兵衛に妾として囲われていた。善兵衛には、毎日遊びまわる馬鹿息子がいた。夜中に帰宅してきた息子を叱る善兵衛は、逆ギレする息子に蹴飛ばされ……。

みきは、三味線の出張稽古を生業としていた。呉服問屋・相模屋のお里は、みきの教え子の中でもかなりの腕前。三味線大会に出場することになったお里は、大会の直前に突然姿を消した……。

「いってもらいます!(分冊版)」の作品情報

レーベル
ぶんか社コミックス
出版社
ぶんか社
ジャンル
マンガ 男性向け 青年マンガ 時代劇マンガ 歴史 完結
ページ数
27ページ (いってもらいます!(分冊版) 【第1話】)
配信開始日
2018年6月14日 (いってもらいます!(分冊版) 【第1話】)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad