電子書籍 【単話】新・優駿たちの蹄跡 新旧・伝説の名馬たち(KCGコミックス) マンガ

著者: やまさき拓味 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

新・優駿たちの蹄跡 メイショウサムソン~人がいて 馬がいて…~ あらすじ・内容

「優駿の門」の巨匠が放つ競馬漫画新シリーズ!! 競走馬と競馬に関わる人々の絆を描いた感動のドラマ!!

06年のクラシック皐月賞・日本ダービー優勝、07年天皇賞(春・秋)を制覇した名馬・メイショウサムソン。その馬主でメイショウさんの愛称で親しまれる松本好雄氏の人物像に迫る。大手ではなく中小の牧場から馬を購入する彼のポリシーとは?!完全新作を独占配信。

この作品を共有
  

「【単話】新・優駿たちの蹄跡 新旧・伝説の名馬たち(KCGコミックス)」最新刊

1999年12月31日美浦・尾方充弘厩舎の大西美昭厩務員は定年の日を迎えていた。彼の最後の担当馬はグラスワンダー。5日前の有馬記念の優勝馬だった。決して順風満帆ではなかったグラスワンダーとの思い出を振り返り、大西厩務員は別れの時刻を迎えた。「新・優駿記」収録作品を加筆修正した完全版、電子初配信。

「【単話】新・優駿たちの蹄跡 新旧・伝説の名馬たち(KCGコミックス)」作品一覧

(3冊)

各89(税込)

まとめてカート

06年のクラシック皐月賞・日本ダービー優勝、07年天皇賞(春・秋)を制覇した名馬・メイショウサムソン。その馬主でメイショウさんの愛称で親しまれる松本好雄氏の人物像に迫る。大手ではなく中小の牧場から馬を購入する彼のポリシーとは?!完全新作を独占配信。

95年1月、4歳で競走馬生活を終え種牡馬となったビワハヤヒデは北海道に向かおうとしていた。ニンニクみそと関東遠征が大の苦手だったビワハヤヒデは栗東・浜田光正厩舎の荷方陶守厩務員の寝る間も惜しむ世話と鬼の特訓によってGI馬になった。が、故障によって、厩舎を去ることになり……。コミックス未収録作品、電子初配信。

1999年12月31日美浦・尾方充弘厩舎の大西美昭厩務員は定年の日を迎えていた。彼の最後の担当馬はグラスワンダー。5日前の有馬記念の優勝馬だった。決して順風満帆ではなかったグラスワンダーとの思い出を振り返り、大西厩務員は別れの時刻を迎えた。「新・優駿記」収録作品を加筆修正した完全版、電子初配信。

「【単話】新・優駿たちの蹄跡 新旧・伝説の名馬たち(KCGコミックス)」の作品情報

レーベル
KCGコミックス
出版社
ブックウォーカー
ジャンル
マンガ 男性向け 少年マンガ 動物・ペット・植物
ページ数
25ページ (新・優駿たちの蹄跡 メイショウサムソン~人がいて 馬がいて…~)
配信開始日
2012年2月23日 (新・優駿たちの蹄跡 メイショウサムソン~人がいて 馬がいて…~)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad