電子書籍 【単話】新・優駿たちの蹄跡 競走馬と厩務員(KCGコミックス) マンガ

著者: やまさき拓味 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

新・優駿たちの蹄跡 フリオーソ~引退説が流れる中で~ あらすじ・内容

「優駿の門」の巨匠が放つ競馬漫画新シリーズ!! 競走馬と競馬に関わる人々の絆を描いた感動のドラマ!!

2012年のかしわ記念を前にしてネット上で南関東競馬のエース・フリオーソの引退説が流れる。4度の屈腱炎を克服したこの馬の担当厩務員・波多野はGIを勝ちたいと言う夢をかなえるため、川崎から船橋の川島厩舎に移籍した経緯をもっていた。中央のGIを勝つまで引退はしないと言う波多野と嫉妬深い性格のフリオーソの交流を描く完全新作。

この作品を共有
  

「【単話】新・優駿たちの蹄跡 競走馬と厩務員(KCGコミックス)」最新刊

浦和競馬の条件馬トロットサンダーは白詰草が好きな馬であった。6歳で中央の美浦・相川厩舎に転厩、当初は期待されていなかったが、厩務員、調教助手、そして主戦・横山典弘騎手が資質を引き出して、トロットサンダーは希代のマイラ―となっていく。2004年種牡馬を引退、事故で安楽死処分になったトロットに白詰草が供えられ…。電子初配信。

「【単話】新・優駿たちの蹄跡 競走馬と厩務員(KCGコミックス)」作品一覧

(3冊)

各89(税込)

まとめてカート

2012年のかしわ記念を前にしてネット上で南関東競馬のエース・フリオーソの引退説が流れる。4度の屈腱炎を克服したこの馬の担当厩務員・波多野はGIを勝ちたいと言う夢をかなえるため、川崎から船橋の川島厩舎に移籍した経緯をもっていた。中央のGIを勝つまで引退はしないと言う波多野と嫉妬深い性格のフリオーソの交流を描く完全新作。

入厩したころ体質が弱かったサクラバクシンオーを、美浦の境勝太郎厩舎の厩務員・吉村は毎日夜遅くまで、愛情を込めて世話していた。結果、GIスプリンターズSを勝利し、短距離では敵なしの名馬となった。5歳の秋のスプリンターズSを引退の花道に選んだバクシンオーは…!? 2011年4月に逝去した最速王と老厩務員の出会いと別れを描く。電子初配信。

浦和競馬の条件馬トロットサンダーは白詰草が好きな馬であった。6歳で中央の美浦・相川厩舎に転厩、当初は期待されていなかったが、厩務員、調教助手、そして主戦・横山典弘騎手が資質を引き出して、トロットサンダーは希代のマイラ―となっていく。2004年種牡馬を引退、事故で安楽死処分になったトロットに白詰草が供えられ…。電子初配信。

「【単話】新・優駿たちの蹄跡 競走馬と厩務員(KCGコミックス)」の作品情報

レーベル
KCGコミックス
出版社
ブックウォーカー
ジャンル
マンガ 男性向け 少年マンガ 動物・ペット・植物
ページ数
27ページ (新・優駿たちの蹄跡 フリオーソ~引退説が流れる中で~)
配信開始日
2012年6月28日 (新・優駿たちの蹄跡 フリオーソ~引退説が流れる中で~)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad