セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

王子と孤独なシンデレラ

王子と孤独なシンデレラ-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
クリスティン・リマー
翻訳者
宮崎亜美
ジャンル
文芸
ハーレクイン(小説)
レーベル
ハーレクイン・イマージュ
出版社名
ハーレクイン(小説)
配信開始日
2015年05月14日
ページ概数
211 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

孤独なシンデレラが愛した王子は、大きな秘密を抱えていた……。

二度も恋人に裏切られて男性不信に陥ったシドニーは、専門クリニックで子供をもうけ、独りで小さな息子を育てていた。ある日、同僚の結婚祝いを買いに訪れた百貨店で、高級服に身を包んだ、息をのむほどハンサムな男性に声をかけられる。驚くことに、ルールと名乗る彼は地中海の公国のプリンスだという。初めは戸惑うシドニーだったが、話をするうちにどんどん惹かれ、彼こそずっと夢とあきらめていた理想の男性だと直感した。やがて、息子にも会いたいと言う彼を自宅へ招待することにする。恋に舞いあがった彼女は、そのときまだ気づいていなかった――最愛の息子とルールが、とてもよく似た瞳をしていることに。

■名門ブラボー家の面々の熱い恋を描く、C・リマーの大人気シリーズ〈都合のいい結婚〉の最新関連作をお届けします! 本作の主人公はブラボー家の血を引く大公家の次男ルールと、孤独なシングルマザーのシドニー。まるで夢のような恋には、落とし穴が潜んでいて……。

これもおすすめ! ( / )

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
永遠はお嫌い?マンガ

500円(+税)

クリスティン・リマー/ハザマ紅実

ハーレクインコミックス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
月下のあやまち

600円(+税)

クリスティン・リマー/竹内喜

シルエット・スペシャル・エディション

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
永遠はお嫌い?【ハーレクイン・セレ...

600円(+税)

クリスティン・リマー/松本あき子

ハーレクイン・セレクト

コインUP

文芸

  • Check!
  • カートに入れる
YESまでの四週間

600円(+税)

クリスティン・リマー/宙居悠

ハーレクイン・ラブ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
一夜だけの秘密

600円(+税)

クリスティン・リマー/田中淳子

シルエット・スペシャル・エディション

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
情熱の結晶と愛なき婚礼

600円(+税)

クリスティン・リマー/秋庭葉瑠

ハーレクイン・イマージュ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
恋の冷めない距離

500円(+税)

クリスティン・リマー/中西奈実

シルエット・スペシャル・エディション

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
愛するには危険

600円(+税)

クリスティン・リマー/三藤夏子

シルエット・スペシャル・エディション

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
王子と孤独なシンデレラ

600円(+税)

クリスティン・リマー/宮崎亜美

ハーレクイン・イマージュ

コインUPキャンペーン対象商品
価格
600円 (+税)
648円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら180コイン(※)
6 + 174コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
300 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです