セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

『大寒』だけど寒さに負けるな!コイン最大45倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

テレ東的、一点突破の発想術

テレ東的、一点突破の発想術-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
濱谷晃一
ジャンル
新書
レーベル
ワニブックスPLUS新書
出版社名
ワニブックス
配信開始日
2016年07月11日
ページ概数
171 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

最近なんだか調子がいい、テレビ東京。
2014年9月期のホールディングスとの連結決算では、在京キー局で唯一の増収増益なんてニュースもありました。
予算やビッグネームに頼れないなど制約の多い環境でも、アイデアでどうにかしているのがテレ東の強み。
そんな企画第一主義のテレ東で最近、話題の深夜ドラマを次々と仕掛けているプロデューサーである著者が、
テレ東で学んだ企画で差をつける7つの法則や、アイデアがどんどん湧き出る発想術について語ります。
潤沢な予算や、類稀な才能がなくても大丈夫!
制約が多ければ多いほど効果が上がり、才能がなくてもアイデアを強制的に出せるようになる!
テレビに興味のある人はもちろん、限られた予算で、企画や提案に悩んでいる人にも、
さらには新社会人や就活生にも読んでもらいたい発想術の極意です。
(プロフィール)
濱谷晃一(はまたに・こういち)
テレビ東京ドラマ制作部プロデューサー、監督。1977年、神奈川県出身。
高校時代、偏差値29から一浪して慶應義塾大学に入学、卒業後テレビ東京に入社。
制作局バラエティ班に12年間所属したのち、ドラマ部に異動。
ここ1年の間に、『俺のダンディズム』『ワーキングデッド』『太鼓持ちの達人』など、オリジナル企画を次々と実現させ、メディアにも注目される。

(C)濱谷晃一/ワニブックス

これもおすすめ! ( / )

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ゲノム編集とは何か 「DNAのメス...

750円(+税)

小林雅一

講談社現代新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
語彙力を鍛える~量と質を高めるトレ...

660円(+税)

石黒圭

光文社新書

オトク!!

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
勝負論 ウメハラの流儀(小学館新書...

日本国内のみ販売

梅原大吾

小学館新書

オトク!!

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
悩みどころと逃げどころ(小学館新書...

日本国内のみ販売

ちきりん/梅原大吾

小学館新書

オトク!!

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲー...

日本国内のみ販売

梅原大吾

小学館101新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
さおだけ屋はなぜ潰れないのか?~身...

238円(+税)

山田真哉

光文社新書

オトク!!

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
英語多読法 やさしい本で始めれば使...

日本国内のみ販売

古川昭夫

小学館101新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ウイルスは生きている

600円(+税)

中屋敷均

講談社現代新書

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
テレ東的、一点突破の発想術

700円(+税)

濱谷晃一

ワニブックスPLUS新書

コインUPキャンペーン対象商品
価格
700円 (+税)
756円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら140コイン(※)
7 + 133コインUP
2017/01/23 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
400 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです