セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

『大寒』だけど寒さに負けるな!コイン最大45倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

「孤独」のすすめ

「孤独」のすすめ-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
ひろさちや
ジャンル
新書
レーベル
SB新書
出版社名
SBクリエイティブ
配信開始日
2016年08月05日
ページ概数
178 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

そもそも孤独を癒そうとするのが大間違い!

◎「孤独を生きる」にはちょっとしたコツがいる!
――世間の物差しに左右されず、孤独をむしろたのしむ、ひろ流・逆説的生き方のすすめ

現代日本がつくり出した、本当は誰しも感じている「孤独」な状況――。
昔の共同体のような「閉じた社会」での密な関係はなくなり、
今はネットで不特定多数とも広く繋がれる希薄な人間関係の中に生きています。
いつでも人と繋がれる時代に生きていながらも、
昔に増して孤立感・疎外感を抱いている人は多いようです。
そして厳しい世間の荒波にもまれ、人間関係をこじらせ、
ときに一個人としての孤立や無力さを感じたり、
孤独に苛まれることがよくあります。
そもそも今の世の中は狂っているともいえます。
人は世間の物差し(常識)を押しつけられて生きており、
かえって疎外感や生きづらさ、孤立感を感じることにつながっているのです。
そう、そんな狂った世の中で、現代人が寂しくなく「孤独を生きる」には、
実はほんのちょっとコツがいるのです。
本書は、「孤独」というものの本質に立ち返り、
般若をはじめ古今東西の偉人賢人の考えも参照しつつ、
ついつい癒(解消)しがちな「孤独」を恥や悩みとせず、
むしろおかしな世の中で自分の状況をしっかりと肯定し、
孤独と上手に向き合うことで、楽しく生きていく術を書き下ろすものです。

(C) Sachiya Hiro 2016

これもおすすめ! ( / )

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ゲノム編集とは何か 「DNAのメス...

750円(+税)

小林雅一

講談社現代新書

オトク!!

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
勝負論 ウメハラの流儀(小学館新書...

日本国内のみ販売

梅原大吾

小学館新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
語彙力を鍛える~量と質を高めるトレ...

660円(+税)

石黒圭

光文社新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ウイルスは生きている

600円(+税)

中屋敷均

講談社現代新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
歯はみがいてはいけない

700円(+税)

森昭

講談社+α新書

オトク!!

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲー...

日本国内のみ販売

梅原大吾

小学館101新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
さおだけ屋はなぜ潰れないのか?~身...

238円(+税)

山田真哉

光文社新書

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
夢の叶え方を知っていますか?

600円(+税)

森博嗣

朝日新書

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
「孤独」のすすめ

800円(+税)

ひろさちや

SB新書

コインUPキャンペーン対象商品
価格
800円 (+税)
864円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら232コイン(※)
8 + 224 (152+72)コインUP
2017/01/23 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
500 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです