セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

梅雨入り直前(T_T 長雨に備えるコイン35倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

越前・若狭 おさかな歳時記

越前・若狭 おさかな歳時記-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

吉中禮二
ジャンル
文芸
レーベル
――
出版社名
福井新聞社
配信開始日
2015年08月07日
ページ概数
183 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。日本海で獲れる四季折々の魚介類を紹介した「越前・若狭 おさかな歳時記」。生態だけでなく漁法、料理なども紹介し、自然豊かな福井の海の幸を実感できる一冊になっている。筆者は福井県立大学生物資源学部教授だった吉中禮二さん。2004年4月から週一回一年間福井新聞に連載した随筆をまとめた。食卓に並ぶおなじみの魚介類81種を、季節ごとに紹介。専門家としての生物学的視点だけでなく、料理例、栄養、魚にまつわる言い伝え、自身の体験談など、ユーモアを交えてつづり、各魚介類を季題とした俳句も添えている。釣ってよし、知ってよし、食べてよしの福井の「さかな」の知識を、楽しみながら深めることができる。吉中さんは「十年以上前、福井に赴任してきて『地もの』が実においしいと感じた。豊かな自然に恵まれた越前・若狭の里や海で生産された食材が、地域で消費する一助となることを願って」書いた。

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ホーンテッド・キャンパス 白い椿と...

600円(+税)

櫛木理宇/ヤマウチシズ

角川ホラー文庫

オトク!!

コインUP

文芸

  • Check!
  • カートに入れる
すべてがFになる THE PERF...

93円(+税) (05/31まで)

森博嗣

――

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
将軍の料理番 包丁人侍事件帖(1)

100円(+税) (06/01まで)

小早川涼

角川文庫

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
バイオハザード ヴェンデッタ

560円(+税)

深見真

角川ホラー文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
幼女戦記 1 Deus lo vu...

1000円(+税)

カルロ・ゼン/篠月しのぶ

――

オトク!!

コインUP

文芸

  • Check!
  • カートに入れる
探偵伯爵と僕 His name i...

280円(+税) (05/31まで)

森博嗣

講談社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
異世界でスキルを解体したらチートな...

1200円(+税)

千月さかき/東西

カドカワBOOKS

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
29歳独身は異世界で自由に生きた…...

1200円(+税)

リュート/桑島黎音

カドカワBOOKS

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
越前・若狭 おさかな歳時記

500円(+税)

吉中禮二

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
500円 (+税)
540円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら175コイン(※)
5 + 170コインUP
2017/05/29 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
200 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです