セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

GWCP ゴールデンウィークキャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

猫ブッダは悩まニャイ - しあわせに生きる84の方法 -

猫ブッダは悩まニャイ - しあわせに生きる84の方法 --電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
宮下真
ジャンル
実用
レーベル
――
出版社名
ワニブックス
配信開始日
2016年03月25日
ページ概数
282 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

「人生は心配ニャイの連続だ!」
あるとき仏教の最も古い経典を猫が完読。
猫目線の解釈で語りはじめた――
猫×ブッダという、
新しく、わかりやすい視点で綴った生き方指南本。
〝猫ブッダ""の「考え方」があれば、もう人生に悩まない。
【著者プロフィール】
宮下真(みやした まこと)
1957年福島県生まれ。
仏教・東洋思想を主な分野として執筆。
主な著書に
『ブッダがせんせい』『おしえてブッダせんせい こころのふしぎ』
『空海 黄金の言葉』『親鸞 救いの言葉』(いずれも永岡書店)などがある。
自身も猫を飼う猫好きとして知られ、猫の本の編集・執筆も多数。

(C)宮下真/ワニブックス

おすすめコメント

猫目線から見たニャンとも分かりやすいブッダの教え!

ブッダの教えに興味がある!でも難しそう・・・
なんて方にはピッタリの本です。
人間の代わりに猫が『ダンマパダ(原始仏典)』を完読し、
猫ブッダとなって猫目線の解釈で分かりやすく語ってくれます!

猫目線ならではの表現にクスッとしてたまにホロっと、
そしてほっこりとするイラストに読むだけで癒されます!

「いいよな~、お前は悩みがなくて・・・」
なんて言いたくなる陽だまりでボーっとしているネコ、
実は悟りを開いた猫ブッタかも!?

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1124 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
電撃大王 2017年6月号

日本国内のみ販売

電撃大王編集部

電撃大王

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
電撃G'sコミック 2017年6月...

日本国内のみ販売

電撃G’sコミック編集部

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2017年5月15日号No....

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊FLASH(フラッシュ) 20...

278円(+税)

週刊FLASH編集部

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
FRIDAY (フライデー) 20...

417円(+税)

FRIDAY編集部

FRIDAY

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊 東京ウォーカー+ 2017年...

269円(+税)

TokyoWalker編集部

Walker

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
Tarzan (ターザン) 201...

426円(+税)

Tarzan編集部

――

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
猫ブッダは悩まニャイ - しあわせ...

1000円(+税)

宮下真

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
1000円 (+税)
1080円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら250コイン(※)
10 + 240コインUP
2017/05/01 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
700 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです