セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

GWCP ゴールデンウィークキャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

名古屋駅物語

名古屋駅物語-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

徳田耕一
ジャンル
新書
レーベル
交通新聞社新書
シリーズ
名古屋駅物語
出版社名
交通新聞社
配信開始日
2016年09月23日
ページ概数
289 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

中部圏のゲートシティー名古屋市。玄関口の「名駅」は、JR、名鉄、近鉄、名古屋市営地下鉄の駅が集まる交通の要衝。そのランドマークともいえるのがJR名古屋駅の複合型超高層ビル「JRセントラルタワーズ」だ。同駅は平成28年5月1日に開業130周年を迎えた。前身の国鉄(鉄道局)名護屋駅の開業は明治19年(1886)の同日で、翌20年に名古屋と改称。昭和12年(1937)2月1日に現在地へ移転し、当時としては東洋一の駅ビルを構えた。本書は、名古屋駅の明治~平成の動向を中心に、同駅近隣で生まれ育ち、今も居住する生粋の名古屋人がまとめた、“波瀾万丈の名駅”を語る回顧録でもある。徳田 耕一(とくだこういち)交通ライター。昭和27年(1952)、名古屋市生まれ。名城大学卒業。旅行業界での経験もあり、観光系の大学や専門学校で観光学などの教鞭をとり、鈴鹿国際大学と鈴鹿短期大学では客員教授を務めた。また、旅行業界が縁で菓子業界との関係もでき、観光土産の企画や販路拡大などにも活躍。鉄道旅行博士。はこだて観光大使。主な著書に『名古屋市電が走った街 今昔』『パノラマカー栄光の半世紀』(JTBパブリッシング)、『まるごと名古屋の電車』(河出書房新社)ほか、名古屋の鉄道に関することを中心に多数。新聞・雑誌などにも多く寄稿している。

これもおすすめ! ( / )

オトク!!

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
副業のススメ―週刊東洋経済eビジネ...

140円(+税) (05/11まで)

週刊東洋経済編集部

週刊東洋経済eビジネス新書

オトク!!

コインUP

新書

  • Check!
  • カートに入れる
数学的思考法 説明力を鍛えるヒント

420円(+税) (05/04まで)

芳沢光雄

講談社現代新書

オトク!!

コインUP

新書

  • Check!
  • カートに入れる
算数・数学が得意になる本

420円(+税) (05/04まで)

芳沢光雄

講談社現代新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
韓国人による北韓論

650円(+税)

シンシアリー

扶桑社BOOKS新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
はじめての森田療法

700円(+税)

北西憲二

講談社現代新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
臆病者のための株入門

743円(+税)

橘玲

文春新書

オトク!!

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
文系のための数学教室

420円(+税) (05/04まで)

小島寛之

講談社現代新書

コインUP

新書

  • Check!
  • カートに入れる
ウルトラマンが泣いている 円谷プロ...

600円(+税)

円谷英明

講談社現代新書

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
名古屋駅物語

700円(+税)

徳田耕一

交通新聞社新書

コインUPキャンペーン対象商品
価格
700円 (+税)
756円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら175コイン(※)
7 + 168コインUP
2017/05/01 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
400 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです