ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す

  • 3日間限定!文芸のほぼ全作品コイン33倍
はじめてのお客さまへ
電子書籍

竹熊の野望 インターネット前夜、パソコン通信で世界征服の実現を目論む男の物語

価格
2000円 2,000 (+税)
獲得コイン
20 コイン

獲得コイン20コインの内訳

通常購入分
20コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
1990年代のパソコン誌『EYE-COM』の長期連載が、20年の時を経てまさかの初単行本化!1993年~96年にわたり、パソコン週刊誌『EYE-COM』(『週刊アスキー』の前身)に連載されていた小説が、20余年の時を経てまさかの初単行本化! インターネットが普及する以前、世界征服を企てる「竹熊」が、パソコン通信で草の根ネットを舞台に繰り広げる壮大なストーリー。竹熊を閣下と崇める謎の大男「斎藤」をはじめ、〈謎の女子校生くみりん〉、〈夕焼け級長〉、〈うさちゃん1号〉、〈煽情の狼〉、〈やまちち〉など、ユニークなネット住民が続々登場。罵倒や炎上、成りすまし等々、今と変わらないネット事情に戦慄必至! 果たして、竹熊の野望は実現するのか!? 後に『ファミ通のアレ(仮題)』でタッグを組む羽生生純の連載時イラストも掲載。本文中に頻出する当時のネット用語は連載時にコラムを担当していたスタパ斎藤が新たに注釈を執筆。また連載を振り返る関係者の座談会を特別収録。当時のネットユーザーも、今のインターネット世代も心して読むべし!*一部の画像について底本からスキャンしたため解像度が低くなっています。あらかじめご了承ください。
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「竹熊の野望 インターネット前夜、パソコン通信で世界征服の実現を目論む男の物語(立東舎)」シリーズ作品一覧(1冊)

2,000(+税)

竹熊の野望 インターネット前夜、パソコン通信で世界征服の実現を目論む男の物語(立東舎)のシリーズ詳細ページへ

「竹熊の野望 インターネット前夜、パソコン通信で世界征服の実現を目論む男の物語」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
1061

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2016/6/17
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

「竹熊の野望 インターネット前夜、パソコン通信で世界征服の実現を目論む男の物語」のおすすめコメント

  • 竹熊や齋藤、夕焼け級長が!! 21世紀に蘇ったパソコン叙事詩

    tanakatronicsBOOK☆WALKER スタッフ

    登録日:2016/06/17

    ほしぇ~~~~!! 雑誌連載から20年後! まさか電子で蘇るとは。
    内容は21世紀生まれの人は異世界のように感じる当時のパソコン界隈。
    出てくる用語は化石化しているけれども熱い『野望』は永遠に色あせない。
    ホメロスの叙事詩の如くいつの時代も人間の「へっぽこ」さが進化しないことに感銘を受けます。

    本書には全73回プラス連載20年後(2016年)の座談会を収録。
    なんでいま単行本に? というのは謎のままですが、
    とにかく当時の雑誌は(特に『EYE-CON』が)とても自由なところだったんです。

    ネットや現実があんなんなってこんなんなって夢も野望もなくなりかけている今だからこそ、
    PCやネットの原点『竹熊の野望』を読んで、次なる野望(=へっぽこ)を目指しましょう。

他の作品のコメントを見る

「竹熊の野望 インターネット前夜、パソコン通信で世界征服の実現を目論む男の物語」を見ている人にこれもおすすめ

最近見た作品

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面