セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

成功するIoT

成功するIoT-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

編集
日経コミュニケーション
ジャンル
実用
レーベル
――
出版社名
日経BP社
配信開始日
2016年09月01日
ページ概数
352 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

IoT(Internet of Things)をビジネスとして立ち上げ、サステナブル(持続可能)な事業モデルを構築したい――多くの経営者がIoTを戦略目標に掲げるようになってきました。国も呼応し、複数の省庁が連携して、IoTの産業支援に乗り出しています。この動きは日本のみならず、世界的な潮流になりつつあります。
本書は事業化への取り組みが本格化するIoT分野の情報ニーズに応えるべく、自動車、農業、小売り、運輸・流通、電気・ガス・水道、介護、損保、ヘルスケアといった多様な産業における先行事例を多数収録しました。IoTでつながるモノも、衣服やごみ場、家、工場と実に多彩で、すそ野が広がっている様子を実感できます。
そして今、IoTに向けた新たな通信技術の開発が急ピッチで進んでいます。ビジネス化に向けた最大の壁となっているのが通信だからです。本書ではLPWA(Low Power Wide Area)や5G(第5世代移動通信システム)をはじめとする最新技術を総ざらいしました。特に、LoRaWAN、NB-IoT、LTE Cat-M、LTE-Directといったホットな方式については、通信業界で30年以上の経験を持つ専門誌『日経コミュニケーション』の記者が詳細に解説しています。
また、これまでにないビジネスチャンスをもたらすIoTは、法制度など既存の枠組みに大きな歪を生み出しています。プライバシーやセキュリティに関する新たなリスクも浮かび上がってきました。本書では、通信アナリストやセキュリティ技術者、法律家、政策立案者(官僚)といったスペシャリストによる寄稿を掲載しています。

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1119 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
『この素晴らしい世界に祝福を!』×...

1000円(+税)

MF文庫J編集部

コミックキューン

オトク!!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
食材の切り方便利帖

100円(+税) (03/30まで)

主婦と生活社

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
anan (アンアン) 2017年...

426円(+税)

anan編集部

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ファイナルファンタジーXIV 光の...

1450円(+税)

マイディー

――

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
これ以上やさしく書けない 問題解決...

667円(+税)

西村克己

Panda Publishing

実用

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
宇宙へのパスポート

0円(+税)

笹本祐一

笹本祐一

オトク!!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ひとり暮らしの簡単!自炊BOOK

100円(+税) (03/30まで)

主婦と生活社

――

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
成功するIoT

1800円(+税)

日経コミュニケーション

――

価格
1800円 (+税)
1944円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:18コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
1500 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです