セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

子どもの学力は「断捨離」で伸びる!

子どもの学力は「断捨離」で伸びる!-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
やましたひでこ
ジャンル
新書
レーベル
SB新書
出版社名
SBクリエイティブ
配信開始日
2016年02月05日
ページ概数
192 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

◎2020年から始まる新入試で、
<受験勝者>になる親子の戦略

2020年をめどに
「大学入試センター試験」が廃止されることをご存知ですか?

大学入試に求められる能力が、
「覚える」から「考える」へと大きく方向転換されるのです。

現在の中学1年生から
この新たな受験システムの対象になるので、
今から準備する必要があります。

この入試制度の大変革に立ち向かうには、
幼児・児童期から高校まで
「公式や正解を暗記する」だけでなく、
「自分で考えて、自分で工夫する」「問題解決をする」
といった基礎力をつけるための親の関わり方が重要。

答えを暗記させることだけではなく、
いかに子どもが自分の頭で考えて、工夫するように導くか――。

それは学習塾で身につけるものではなく、日々の暮らしの中で育まれるものなのです。

そして、子どもの能力を引き出し、
これから求められる本当の頭のよさを養うには「断捨離」が効きます。

それは「断捨離」によって、
自分で考え、自分で感じて、自分で選択・決断していく
という基礎力が身につくから。

日々の生活の中で、
子どもが嬉々として実践することによって、
思考が片づき、気持ちが整い、学力を育んでいく。

また、親にとっても工夫して仕かけを考える楽しさもあります。
将来をたくましく生き抜く子育ては、
親子のチームワーク戦略なくして成功できません。

自らの子どもは北海道大学卒という著者が、
子どもの思考力や創造性を育み、
子どもの学力、才能を伸ばす断捨離術を初めて説きます。

(C) Hideko Yamashita 2016

これもおすすめ! ( / )

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
50歳からのおカネ―週刊東洋経済e...

200円(+税)

週刊東洋経済編集部

週刊東洋経済eビジネス新書

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
サクッと読める「財務諸表」入門 会...

100円(+税)

吉田延史/吉田亜由美

impress QuickBooks

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
老いる家 崩れる街 住宅過剰社会の...

700円(+税)

野澤千絵

講談社現代新書

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
すべての教育は「洗脳」である~21...

740円(+税)

堀江貴文

光文社新書

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
儒教に支配された中国人と韓国人の悲...

700円(+税)

ケント・ギルバート

講談社+α新書

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
フィリピンパブ嬢の社会学

780円(+税)

中島弘象

新潮新書

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
にっぽん縦断民鉄駅物語[西日本編]

800円(+税)

櫻井寛

交通新聞社新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
銀河系惑星学の挑戦 地球外生命の可...

日本国内のみ販売

松井孝典

NHK出版新書

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
子どもの学力は「断捨離」で伸びる!

800円(+税)

やましたひでこ

SB新書

価格
800円 (+税)
864円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:8コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
500 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです