セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

3/25ゲリラコイン最大55倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

炎のキスをもう一度【ハーレクイン・セレクト版】

炎のキスをもう一度【ハーレクイン・セレクト版】-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
エマ・ダーシー
翻訳者
片山真紀
ジャンル
文芸
ハーレクイン(小説)
レーベル
ハーレクイン・セレクト
出版社名
ハーレクイン(小説)
配信開始日
2016年10月14日
ページ概数
158 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

ローレンは仕事仲間から富豪男性マイケルを紹介される。強引なマイケルに強く惹かれ一夜をともにするが、翌朝、彼は復讐のためだけに彼女を誘惑したと知る。

出版社の広報担当ローレンは、キャンペーンのため、作家に帯同して各地をまわることになった。ところが同行者として見知らぬ富豪男性を紹介されて戸惑う。マイケル・ティンバーレン? 作家の親友らしいけれど、なぜ初対面の私を値踏みするように見つめてくるのだろう。壮行会パーティーで彼から強引に誘われてダンスを踊るうち、ローレンの中に眠っていた情熱に火がついて、気づけばマイケルのベッドで朝を迎えていた。だが甘い余韻に浸るのも、1本の電話がかかってくるまでだった。嘘よ! 彼が復讐のためだけに私を罠にかけたなんて。■人気作家エマ・ダーシーの1996年に刊行された名作をお届けします。じつはマイケルは、ローレンの離婚した同僚の元夫で、自分たちの離婚はローレンのせいだと勘違いしていたのでした。復讐の罠にはめられたローレン、なんと妊娠が発覚し……。
*本書は、ハーレクイン・イマージュ から既に配信されている作品のハーレクイン・セレクト版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

これもおすすめ! ( / )

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
愛を拒むひとマンガ

500円(+税)

エマ・ダーシー/福原ヒロ子

ハーレクインコミックス

コインUP

マンガ

  • Check!
  • カートに入れる
裏切りの花束マンガ

500円(+税)

エマ・ダーシー/藤田和子

ハーレクインコミックス

コインUP

文芸

  • Check!
  • カートに入れる
愛の残照

500円(+税)

エマ・ダーシー/石川みどり

ハーレクイン文庫

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
赤い旋風マンガ

500円(+税)

エマ・ダーシー/葉月暘子

ハーレクインコミックス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
愛のダイナマイト

500円(+税)

エマ・ダーシー/上村悦子

ハーレクイン・セレクト

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
一夜の蝶

600円(+税)

エマ・ダーシー/加納三由季

ハーレクイン・ロマンス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
憧れのウエディング

500円(+税)

エマ・ダーシー/岡聖子

ハーレクイン文庫

コインUP

マンガ

  • Check!
  • カートに入れる
愛はうつろいやすくマンガ

500円(+税)

エマ・ダーシー/大橋卓

ハーレクインコミックス

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
炎のキスをもう一度【ハーレクイン・...

500円(+税)

エマ・ダーシー/片山真紀

ハーレクイン・セレクト

コインUPキャンペーン対象商品
価格
500円 (+税)
540円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら175コイン(※)
5 + 170コインUP
2017/03/26 11:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
200 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです