セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

無双竜撃の継承者〈スレイヤー〉ラノベ

無双竜撃の継承者〈スレイヤー〉-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

読書ノート、「読み終えた後は」画面、「読書情報」画面で評価をつけることができます。

著者
空埜一樹
イラスト
しばの番茶
ジャンル
ライトノベル
男性向け
レーベル
ダッシュエックス文庫DIGITAL
シリーズ
無双竜撃の継承者〈スレイヤー〉(ダッシュエックス文庫DIGITAL)
出版社名
集英社
配信開始日
2016年11月25日
ページ概数
273 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

【デジタル版にはダッシュエックス文庫創刊2周年記念プロジェクトのプレゼント応募シリアルコードは付属しません】この力、この運命、無双(チート)級!! 【竜伐者(スレイア)】に憧れ、目指してきた少年フィルは、実力者アイゼン率いる「圧倒せし咆哮(ヴォルランク)」の扉を叩く。だが入団前には、聖竜の力を一部借り受ける【契約】をする必要があった。向かった森で、フィルは金色の竜ヴァースキアと出会い、無事【契約】に成功する。 その条件として少女を護ることを約束したのだが、直後、少女を狙い、厄竜を操る男に襲撃を受ける。無我夢中で戦うフィルは、何故か無双級の力を得ており、あっさり勝利する。フィルがしたのは【契約】ではなく、竜の力すべてを授かる【継承】だった! アムリタと名乗るその少女と、「圧倒せし咆哮」のメンバーと共に、フィルの旅が始まる! 竜の力をめぐるファンタジー、開幕!

(c)空埜一樹・しばの番茶

これもおすすめ! ( / )

コインUP

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
超!異世界学級!!ライトノベル

495円(+税)

空埜一樹/児玉酉

HJ文庫

コインUP

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
世界最強は家族と仲良く出稼ぎ中!ライトノベル

495円(+税)

空埜一樹/和武はざの

HJ文庫

コインUP

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
邪神攻略者の戦技教導 部隊結成篇ライトノベル

495円(+税)

空埜一樹/村上ゆいち

HJ文庫

コインUP

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
Strange Strangeライトノベル

571円(+税)

浅井ラボ/しばの番茶

HJ文庫

コインUP

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
うちの会長は荒ぶる虎猫に似ている。ライトノベル

495円(+税)

空埜一樹/ろんど

HJ文庫

コインUP

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
逆道の覇王戦記ライトノベル

556円(+税)

空埜一樹/植田亮

ダッシュエックス文庫DIGITAL

コインUP

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
死なない男に恋した少女ライトノベル

510円(+税)

空埜一樹/ぷよ

HJ文庫

コインUP

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
シンマと世界と嫁フラグ ~びっくり...ライトノベル

495円(+税)

空埜一樹/にろ

HJ文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
無双竜撃の継承者〈スレイヤー〉ライトノベル

556円(+税)

空埜一樹/しばの番茶

ダッシュエックス文庫DIGITAL

価格
556円 (+税)
600円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:5コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
256 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです