セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

オトク!!

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

知財戦略のススメ コモディティ化する時代に競争優位を築く

知財戦略のススメ コモディティ化する時代に競争優位を築く-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
鮫島 正洋
著者
小林誠
ジャンル
実用
レーベル
――
出版社名
日経BP社
配信開始日
2016年02月18日
ページ概数
415 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

「ビジネスに知財戦略」という武器を必要とする、全ての方に贈る本。
大人気小説・ドラマ『下町ロケット』に登場する神谷弁護士のモデルとなった「技術系弁護士」と、
知財業界の将来を担う新進気鋭の「知財会計コンサルタント」が、
ビジネスパーソンのために、最新事例を豊富に取り入れながら、
知財のセオリー・活用法をわかりやすく解説します。
------------「はじめに」から抜粋
知財は企業にとって経営資産であると同時に、
知財を昇華させた特許権や著作権といった権利は、
法によって作られた人工物でもある。
「法律の深い理解なくして、事業戦略に組み込むことは
できないのではないか」という知財、知財権に対する堅いイメージが、
多くのビジネスパーソンがそれを願ってきたにもかかわらず、
知財を付加価値として製品に組み込み、これを競争力の源泉と
することを阻害してきた。
本書はそのような「知財の壁」を取り払い、
より一層、知財をビジネスに活用していただくことを旨として企画された、
いわばビジネスパーソンのための知財戦略読本である。

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1104 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

実用

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
宇宙へのパスポート

0円(+税)

笹本祐一

笹本祐一

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
男が知りたい女のからだ なかなか聞...

860円(+税)

河野美香

ブルーバックス

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊FLASH(フラッシュ) 20...

278円(+税)

週刊FLASH編集部

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2016年12月12日号No...

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
アメリカの小学校教科書ドリルでおも...

398円(+税)

松浦庸夫

impress QuickBooks

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
CLASSY.(クラッシィ) 20...

556円(+税)

CLASSY.編集部

――

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
1分間「英会話」BOOK ――1日...

400円(+税)

晴山陽一

impress QuickBooks

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

オトク!!

コインUP

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
知財戦略のススメ コモディティ化す...

1440円(+税) (12/31まで)

鮫島 正洋/小林誠

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
1440円 (+税)
1555円 (税込) (※)
(12/31 23:59までの価格です)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら431コイン(※)
14 + 417コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
1140 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです