セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

『大寒』だけど寒さに負けるな!コイン最大45倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

終わらぬ「民族浄化」セルビア・モンテネグロ

終わらぬ「民族浄化」セルビア・モンテネグロ-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
木村元彦
ジャンル
新書
レーベル
集英社新書
出版社名
集英社
配信開始日
2015年10月02日
ページ概数
256 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

1999年のNATO軍の空爆により、コソボ紛争は公式には「終結」したことになっている。しかし現地では、セルビア系の民間人が3000人規模で行方不明になるなど、空爆前とは違った形で「民族浄化」が続き、住民たちは想像を絶する人権侵害の危機にさらされている。また、空爆による劣化ウラン弾の被害は甚大で、すべての回収には100年を要するという。本書は、空爆終了後6年間にわたって現地に通い続けた唯一のジャーナリストが、九・一一やイラク戦争の開始以降ほとんど報道が途絶えてしまったセルビア・モンテネグロの現状を告発した、渾身のルポルタージュである。【目次】まえがき/旧ユーゴスラビア全図/第一章 大コソボ主義(2001年~2002年)/一 消えた1300人――セルビア人拉致被害者たち/二 真っ先に見た事務局長/三 コソボへ/四 マケドニア潜入行/第二章 混迷の中で(2002年)/一 劣化ウランとユーゴスラビアの核/二 10月革命の裏側/第三章 セルビア・モンテネグロの誕生(2003年)/一 新憲章発布とモンテネグロ/二 新憲章発布とコソボ/三 誰がジンジッチを殺したのか/四 ボスニア・ヘルツェゴビナ/五 少年が殺された/終章 語り部(2004年10月)/柴宜弘教授との対話――あとがきに代えて/ユーゴスラビアとセルビア・モンテネグロに関する年表

これもおすすめ! ( / )

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ゲノム編集とは何か 「DNAのメス...

750円(+税)

小林雅一

講談社現代新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
語彙力を鍛える~量と質を高めるトレ...

660円(+税)

石黒圭

光文社新書

オトク!!

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
勝負論 ウメハラの流儀(小学館新書...

日本国内のみ販売

梅原大吾

小学館新書

オトク!!

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
悩みどころと逃げどころ(小学館新書...

日本国内のみ販売

ちきりん/梅原大吾

小学館新書

オトク!!

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲー...

日本国内のみ販売

梅原大吾

小学館101新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
さおだけ屋はなぜ潰れないのか?~身...

238円(+税)

山田真哉

光文社新書

オトク!!

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
英語多読法 やさしい本で始めれば使...

日本国内のみ販売

古川昭夫

小学館101新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ウイルスは生きている

600円(+税)

中屋敷均

講談社現代新書

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
終わらぬ「民族浄化」セルビア・モン...

600円(+税)

木村元彦

集英社新書

コインUPキャンペーン対象商品
価格
600円 (+税)
648円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら120コイン(※)
6 + 114コインUP
2017/01/23 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
300 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです