セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

走れメロス 太宰治 名作選

走れメロス 太宰治 名作選-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
太宰治
解説
齋藤孝
藤田香
ジャンル
文芸
日本文学
こども
レーベル
角川つばさ文庫
シリーズ
太宰治 名作選(角川つばさ文庫)
出版社名
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
配信開始日
2015年09月18日
ページ概数
205 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

「身がわりの友をすくうために走るのだ!」人間の弱さと強さ、心のおくのひみつをえがく11作。【『声に出して読みたい日本語』の齋藤孝、推薦・解説】太宰の本当の良さがわかる名作ばかりの短編集! これさえおさえておけば、まちがいなし!

身がわりの友をすくうために走るのだ!――友情と信頼(しんらい)をまもろうと命がけで走る青年のすがたをえがいた「走れメロス」など、太宰(だざい)の本当の良さがわかる感動的な11の短編(たんぺん)。犬がこわいのに犬に好かれてしまう太宰と飼い犬との交流を楽しく語る「畜犬談(ちくけんだん)」、重い病(やまい)の妹とその姉におこる奇跡(きせき)をミステリー風に物語る「葉桜(はざくら)と魔笛(まてき)」、キリストへの愛(あい)ゆえのうらぎりをユダが語る「駈込み訴え(かけこみうったえ)」のほか、「トカトントン」「桜桃(おうとう)」などドラマチックな物語や心にのこる名作ばかりの決定版。さし絵多数。解説・齋藤孝
収録作:走れメロス/畜犬談/葉桜と魔笛/黄金風景/駈込み訴え /眉山(びざん) /燈籠(とうろう)/善蔵(ぜんぞう)を思う /桜桃 /トカトントン/心の王者

(c)Osamu Dazai 2010 (c)Kaori Fujita 2010

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
文豪ストレイドッグス×角川文庫 コ...

2200円(+税)

中島敦/太宰治/国木田独歩/江戸川乱歩/谷崎潤一郎/芥川龍之介

角川文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
お伽草紙

100円(+税)

太宰治

ITmedia 名作文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
右大臣実朝

100円(+税)

太宰治

ITmedia 名作文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
グッド・バイ

300円(+税)

太宰治

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
十二月八日 太宰治戦時著作集

1000円(+税)

太宰治

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
美しい表紙で読む日本の名作集2

900円(+税)

夏目漱石/高村光太郎/太宰治

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
愛と美について

100円(+税)

太宰治

ITmedia 名作文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
斜陽

300円(+税)

太宰治

ITmedia 名作文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
走れメロス 太宰治 名作選

560円(+税)

太宰治/齋藤孝/藤田香

角川つばさ文庫

コインUPキャンペーン対象商品
価格
560円 (+税)
605円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら167コイン(※)
5 + 162コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
260 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです