セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

読書三余の季節最終章!コイン最大40倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

悩み抜く力

悩み抜く力-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

小林弘幸
ジャンル
文芸
レーベル
――
シリーズ
悩み抜く力 うまく悩んで成功をつかむ人、ヘタに悩んでつまずく人
出版社名
毎日新聞出版
配信開始日
2016年02月05日
ページ概数
174 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

小さなことでクヨクヨしない自分でいられたら、どんなにいいだろう?人間関係や仕事、スポーツなどで壁にぶち当たるたびに、そんな思いに胸を痛めている人は多いのではないだろうか。じつは、そんな止めどない悩みに終止符を打つ方法があるのだ。それは、悩みを放置せず、悩み抜くこと。悩みを中途半端に頭のなかで散らかさず、自律神経を整えてコントロールしていけば、「ありのままの自分」「悩まない自分」「悩みを乗り越えて力をつけていく自分」をつくってパフォーマンスを高めていける。本書は自律神経を窓口に“悩み方の技術”をまとめたまったく新しいタイプの自己啓発健康書。 ぜひみなさんも、悩み方のコツを知り、悩み方を変えて、ひとつひとつ壁を乗り越えていってください。第1章 すべては悩み方がうまいかヘタかで決まる! ――仕事・人間関係・人生を大きく左右する「3つの心のスキル」第2章 「ありのまま」かそれとも「なるがまま」か――うまく悩めば人間関係がグッとラクになる第3章 悩み抜ける人は人生を「悪い流れ」から「いい流れ」に変えていける! ――うまく悩めば本来の自分の力を発揮できる第4章 悩み上手の人はみんなやっている「ほんの小さなコツ」16――知っているか知らないかで大きな差がつく小さな心の習慣第5章 悩み抜いた人はなぜ幸せな人生を送れるのか――人生を「レット・イット・ビー」で歩む生き方

これもおすすめ! ( / )

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
なぜ、「これ」は健康にいいのか?

900円(+税)

小林弘幸

サンマーク出版

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
2週間で体が変わる「もち麦」ダイエ...

1100円(+税)

小林弘幸

――

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
1日3分で美しくやせる! 「小林式...

880円(+税)

小林弘幸

集英社学芸単行本

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ゆっくり生きれば、遠くまでいける

1000円(+税)

小林弘幸

――

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
「ゆっくり動く」と人生が変わる 副...

日本国内のみ販売

小林弘幸

PHP文庫

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
腸が健康になれば面白いほど人生がう...

960円(+税)

小林弘幸

集英社学芸単行本

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ゴルフは「自律神経力」で確実に10...

1350円(+税)

小林弘幸/横田真一

――

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
おなかすっきり! やせて健康になる...

750円(+税)

小林弘幸

――

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
悩み抜く力

1300円(+税)

小林弘幸

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
1300円 (+税)
1404円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら260コイン(※)
13 + 247コインUP
2017/02/20 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
1000 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです