セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

立石美津子
ジャンル
実用
育児
レーベル
――
シリーズ
1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ
出版社名
日本実業出版社
配信開始日
2015年07月31日
ページ概数
209 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

【こんなお母さんに読んでほしい本です】
・完璧主義のお母さん
・「あなたのためを思って」が口グセの過保護なお母さん
・自分が果たせなかった夢を子どもに託しているお母さん
・子どもの短所がたくさん目についてしまうお母さん
・できない時だけ叱り、できた時に褒めないお母さん

書店やネットには、「ほめて育てよ」「頭がよくなる子育て」「思いやりのある子に育てるには」など、「○○しなければいけない」という情報があふれているので、つい焦ってしまいませんか。しかし、著者の立石氏は、長年の教育現場での経験を通して、「完璧主義ではなく、テキトーに育てることが、人生のスタート地点で自己肯定感を確立させ、幸せな人生を送ることにつながる」ということを確信するようになりました。

子育ての目的は「自立」。そして自立するために一番大切なことは、自分を好きでいること。自分を好きで自信を持てるからこそ、どんなにつらい事があっても、それを乗り越え、人生を切り開いていくことができるのです!

「テキトー母さん」になれば、子どもが自立して、お母さんもラクになります!

◎「エラいね」「お利口だね」と言わない
◎「言葉遣い」を注意しすぎない
◎寝坊させる
◎幼稚園バッグの中身を準備しない
◎子どものケンカに口を出さない
◎習い事を無理に続けさせない
◎ママ友に同調しない

などなど、楽しく読める、6歳までの子育て45のルールです!

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1124 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2017年5月15日号No....

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
電撃大王 2017年6月号

日本国内のみ販売

電撃大王編集部

電撃大王

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
FRIDAY (フライデー) 20...

389円(+税)

FRIDAY編集部

FRIDAY

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
Tarzan (ターザン) 201...

426円(+税)

Tarzan編集部

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊FLASH(フラッシュ) 20...

278円(+税)

週刊FLASH編集部

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
YokohamaWalker横浜ウ...

393円(+税)

YokohamaWalker編集部

Walker

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
LEON 2017年 06月号

740円(+税)

主婦と生活社

LEON

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
1人でできる子が育つ「テキトー母さ...

1300円(+税)

立石美津子

――

価格
1300円 (+税)
1404円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:13コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
1000 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです