セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

実家のかたづけ はじめました。

実家のかたづけ はじめました。-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
堀口祐子
著者
北條貴美子
ジャンル
文芸
レーベル
――
出版社名
誠文堂新光社
配信開始日
2015年11月26日
ページ概数
194 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

実家がかたづけたくなる!

実際に親と向き合い、泣き笑いした著者だから書ける、実家のかたづけの真実!
「こうしましょう!」という教科書的、テキスト的な類書が多い中、本書は、著者自らが実家に行き、そこで実際に起こった数々の体験談とその解決法を紹介した、読者目線のノウハウ本です!
実家のかたづけ「あるある」ネタが満載。
どうしようもなく散らかった実家に熱い共感の嵐!
実家のかたづけ経験者でもある、お片づけアドバイザー北條貴美子氏による、子の意見を押し付けない、親の立場にたった「思いやり」のあるかたづけを提案。
本編は著者みずからが実際に実家のかたづけに着手するところから始まる。
そこにあるのは何十年もの年月を重ねた、もはや使えなくなった大量のものたち。
しかし、親たちはいわゆる「捨てられない」世代。
旅館でもらった歯ブラシ1本たりとも捨てようとしない。
「捨て魔」でもある著者と両親との、壮絶なかたづけが始まった……。
・元気なうちからはじめたい
日本人は「死」を日常から切り離して考えがち。そこで、親が元気なうちに「かたづけ」からはじめよう、というのが本書の目的。
・ほっこりマンガで共感
本書は「実家のかたづけ」初心者でも入りやすいよう、はまさきはるこ氏によるコミックエッセイ風のほっこりとしたマンガを多数掲載。
・実用面もおまかせ
本書の監修兼アドバイザーの北條貴美子氏も、実家のかたづけ経験者。「実家のかたづけ」ならではのかたづけポイント、注意点なども体験を活かしてくわしく紹介。

(C)堀口祐子/誠文堂新光社

これもおすすめ! ( / )

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
結物語

1200円(+税)

西尾維新/VOFAN

講談社BOX

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
紅霞後宮物語 第五幕

600円(+税)

雪村花菜/桐矢 隆

富士見L文庫

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
王太子様は無自覚!?溺愛症候群なん...

600円(+税)

ふじさわさほ

ベリーズ文庫

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
八月の終わりは、きっと世界の終わり...

590円(+税)

天沢夏月

メディアワークス文庫

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
私たちは生きているのか? Are ...

690円(+税)

森博嗣

講談社タイガ

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
天地明察(特別合本版)

500円(+税) (03/02まで)

冲方丁

角川文庫

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
櫻子さんの足下には死体が埋まってい...

260円(+税) (03/02まで)

太田紫織

角川文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
ワールドエネミー 不死者の少女と不...

700円(+税)

細音啓/ふゆの春秋

NOVEL 0

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
実家のかたづけ はじめました。

1400円(+税)

堀口祐子/北條貴美子

――

価格
1400円 (+税)
1512円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:14コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
1100 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです