セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

鳴門秘帖 四 船路の巻

鳴門秘帖 四 船路の巻-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

吉川英治
ジャンル
文芸
レーベル
――
シリーズ
鳴門秘帖
出版社名
オリオンブックス
配信開始日
2015年06月12日
ページ概数
244 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

第四巻はいよいよ難波から阿波へ。幕府転覆の野望を抱く阿波の徳島藩主。10年前に潜入した隠密の世阿弥は剣山の牢に生きていた。隠密で剣の達人法月弦之丞と阿波藩士たちの戦いを描く。久しぶりにお米も登場。お米のいじらしい恋心はどうなるのか。阿波藩士達の厳しい目を潜り難波から阿波への船路。追い詰められあわや万事休すか。弦之丞の勘が冴える。

「鳴門秘帖」シリーズ ( 7 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
鳴門秘帖(上)

500円(+税)

吉川英治

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
鳴門秘帖(下)

500円(+税)

吉川英治

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
鳴門秘帖 上方の巻

200円(+税)

吉川英治

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
鳴門秘帖 三 木曾の巻

100円(+税)

吉川英治

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
鳴門秘帖 四 船路の巻

200円(+税)

吉川英治

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
鳴門秘帖 五 剣山の巻

200円(+税)

吉川英治

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
鳴門秘帖 六 鳴門ノ巻

200円(+税)

吉川英治

――

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • Check!
  • カートに入れる
江戸三国志(一)

750円(+税)

吉川英治

吉川英治歴史時代文庫

オトク!!

コインUP

文芸

  • Check!
  • カートに入れる
三国志全一冊合本版

724円(+税) (12/08まで)

吉川英治

吉川英治歴史時代文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる

100円(+税)

吉川英治

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
黒田如水

400円(+税)

吉川英治

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
剣の四君子 小野忠明

100円(+税)

吉川英治

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
魚紋

100円(+税)

吉川英治

――

コインUP

文芸

  • Check!
  • カートに入れる
貝殻一平(下)

650円(+税)

吉川英治

大衆文学館

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
上杉謙信

600円(+税)

吉川英治

角川文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
鳴門秘帖 四 船路の巻

200円(+税)

吉川英治

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
200円 (+税)
216円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら60コイン(※)
2 + 58コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
0 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです