セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

観音小説

観音小説-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

未衣子
ジャンル
文芸
ダイレクト出版
BWインディーズ
出版社名
BCCKS Distribution
配信開始日
2016年02月16日
ページ概数
23 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

うさぎの楽園、世界一の観音、しがない会社員のわたしと、《女王》と呼ばれる女。


 この《白兎大観音》、日本各地に存在する巨大観音像たちに比べればまだ随分と歴史は浅いけれども、それでもすでに十年以上は、ここ埼玉県坂戸市の、大きな護り役として生き永らえている。かつては日本一の高さを誇る立像であった牛久大仏の背を抜いてさらに世界一の座に躍り出、あるいは、世界一美しいと称賛された小豆島大観音に勝るとも劣らぬ柔和な造形の、夢のような観音像。金色の身体をもつ加賀大観音をも圧倒するほど奇抜なそのご尊顔は、頭頂にすっと伸びるふたつの細長い耳、伏しがちな黒目に、なだらかで控えめな鼻、笑みをたたえる小動物の口許をした、世にも珍しい《うさぎ様》なのであった。これこそが、新しい埼玉県のシンボルとなってまだ間もない、《白兎大観音》である。
 巨大観音像といえば、やけに景気の良かった時代の実業家たちによって、日本各地へ私的に建立されたものが多く知られているが、近年はその後の不景気な時代の風潮もあってか、新たな像の誕生は長らく無かったのだった。今や、当時に散々流行したような豪奢で浮かれたテーマパークたちもおおよそ閉鎖し、あるいはほとんど寂れてしまって、どこもかしこも始終、現実的な空気が充満している。こんな時代に今更、巨大観音像なんて。一体、誰が何のために!

BWインディーズ 著者センター

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
カサブランカ

300円(+税)

未衣子

BCCKS Distribution

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
宇宙でもハムスター

500円(+税)

未衣子

BCCKS Distribution

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
鬼嫁です

500円(+税)

未衣子

BCCKS Distribution

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
悲録伝

1105円(+税) (12/15まで)

西尾維新

講談社ノベルス

オトク!!

文芸

あかずきんちゃん ~【デジタル復刻...

日本国内のみ販売

谷口由美子/伊藤悌夫

【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
まおゆう魔王勇者 4 この手ででき...

857円(+税)

橙乃ままれ/toi8/水玉螢之丞/山北篤/桝田省治

ホビー書籍部

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こ...

640円(+税)

友麻碧/あやとき

富士見L文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
クドリャフカの順番

620円(+税)

米澤穂信

角川文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
観音小説

500円(+税)

未衣子

BCCKS Distribution

コインUPキャンペーン対象商品
価格
500円 (+税)
540円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら150コイン(※)
5 + 145コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
200 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです