セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

コーランには本当は何が書かれていたか?

コーランには本当は何が書かれていたか?-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

カーラ・パワー
訳者
秋山淑子
ジャンル
実用
レーベル
文春e-Books
シリーズ
コーランには本当は何が書かれていたか?(文春e-book)
出版社名
文藝春秋
配信開始日
2016年06月24日
ページ概数
500 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

宗教への信仰を持たないアメリカ人女性ジャーナリストが、友人のイスラム教の指導者とともに、コーランを実際に読む。・女性はベールやヒジャーブで身体を覆い、肌を見せてはいけない。・女性に教育を受けさせてはいけない。女性を打擲するのが夫の務めだ。・ムハンマドが9歳の妻を娶っていたことは小児性愛の肯定だ。・ジハードで死ぬと楽園の72人の乙女という報酬を約束されている。コーランには、実はそんなことは一言も書かれていない!子ども時代をイスラム圏で暮らし、今はジャーナリストとして「ニューズウィーク」や「タイム」などに多くの記事を寄稿しているカーラ・パワー。彼女はある日、17年間のキャリアの中で、編集者から一度も「コーランについて書いてほしい」と言われたことがなかったと気がつく。メディアが求めるのは、いつも「イスラム教から生まれた政治」であり、イスラム教そのものではない――。そう感じた彼女は、かつてオックスフォード大学イスラム研究センターで同僚だったイスラム学者のアクラムとともに、1年間にわたってイスラム教の原点、コーランを読み解くことを決意する。女性の権利、ジハード、小児性愛、夫の暴力、イエス・キリスト、そして死後の世界……。コーランの真髄に触れる旅の中で、知られざるイスラム教本来の姿が明らかになる。

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1115 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2017年3月10日号No....

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

NEW!

オトク!!

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
深愛

325円(+税) (02/23まで)

水樹奈々

幻冬舎文庫

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊FLASH(フラッシュ) 20...

278円(+税)

週刊FLASH編集部

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
FRIDAY (フライデー) 20...

389円(+税)

FRIDAY編集部

FRIDAY

NEW!

実用

  • Check!
  • カートに入れる
週刊 東京ウォーカー+ 2017年...

269円(+税)

TokyoWalker編集部

Walker

NEW!

オトク!!

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ミステリーの書き方

437円(+税) (02/23まで)

日本推理作家協会

幻冬舎文庫

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ゲームラボ 2017年 3月号

778円(+税)

ゲームラボ編集部

――

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
コーランには本当は何が書かれていた...

1852円(+税)

カーラ・パワー/秋山淑子

文春e-Books

価格
1852円 (+税)
2000円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:18コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
1552 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです