セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

【ストア横断】3/2 週末コインキャンペーン

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

【東京創元社無料読本】ベストセレクション〈2015 Summer〉

【東京創元社無料読本】ベストセレクション〈2015 Summer〉-電子書籍 拡大する

東京創元社
ジャンル
文芸
推理
レーベル
創元推理文庫
シリーズ
東京創元社無料読本
出版社名
東京創元社
配信開始日
2015年08月21日
ページ概数
611 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

『ビール、枝豆、ミステリ』は夏の新しい習慣! 今年もまた「ベストセレクションフェア」の季節になりました。今回のラインナップは読み継がれている東京創元社の定番中の定番をはじめ、これから新たな定番になる新作・話題作など目白押しです。本電子書籍は、フェアのガイドブックとしてお役立ていただけるよう、ベストセレクションフェア・ラインナップ作品の立読み版(電子書籍を配信している作品に限る)を収録しております。どうぞお楽しみください。/立読み版収録作品=『体育館の殺人』青崎有吾、『アヒルと鴨のコインロッカー』『夜の国のクーパー』伊坂幸太郎、『聴き屋の芸術学部祭』市井豊、『夜の写本師』乾石智子、『配達あかずきん』大崎梢、『二度のお別れ』黒川博行、『青空の卵』坂木司、『模倣の殺意』中町信、『まもなく電車が出現します』似鳥鶏、『慟哭』貫井徳郎、『ハルさん』藤野恵美、『もう年はとれない』ダニエル・フリードマン/野口百合子 訳、『星を継ぐもの』ジェイムズ・P・ホーガン/池央耿 訳、『シャドウ』道尾秀介、『盤上の夜』宮内悠介

(c)東京創元社

東京創元社無料読本 ( 5 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

文芸

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
【東京創元社無料読本】青崎有吾の挨...

無料

青崎有吾

――

文芸

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
【東京創元社無料読本】乾ルカからの...

無料

乾ルカ

――

文芸

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
【東京創元社無料読本】ベストセレク...

無料

東京創元社

創元推理文庫

文芸

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
【東京創元社無料読本】スプリング・...

無料

吉野泉

創元推理文庫

文芸

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
【東京創元社無料読本】〈憧れの国〉...

無料

円居挽

――

これもおすすめ! ( / )

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
私たちは生きているのか? Are ...

690円(+税)

森博嗣

講談社タイガ

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
夜は短し歩けよ乙女

270円(+税) (03/02まで)

森見登美彦

角川文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
紅霞後宮物語 第四幕

600円(+税)

雪村花菜/桐矢 隆

富士見L文庫

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
四畳半神話大系

330円(+税) (03/02まで)

森見登美彦

角川文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
幼女戦記 2 Plus Ultra

1000円(+税)

カルロ・ゼン/篠月しのぶ

――

文芸

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
夜のとばりに向かって 体験版

0円(+税)

野浦湘/南風麗魔

野浦書院

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
図書館危機 図書館戦争シリーズ(3...

330円(+税) (03/02まで)

有川浩

角川文庫

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
櫻子さんの足下には死体が埋まってい...

270円(+税) (03/02まで)

太田紫織

角川文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
【東京創元社無料読本】ベストセレク...

無料

東京創元社

創元推理文庫

ページ先頭へ

本文の終わりです