ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • 【ストア横断】コイン最大50倍キャンペーン
はじめてのお客さまへ
電子書籍

緩和中毒

菊池真
鈴木敏之
吉田健一郎
他10名
価格
200円 200 (+税)
獲得コイン
今なら 30 コイン 2018/4/30 09:59まで

獲得コイン30コインの内訳

通常購入分
2コイン
コインUPキャンペーン分
+28コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
世界経済、なかでも先進国は成長力を失っている。先進各国の中央銀行は景気浮揚のために積極的な金融緩和を行っているが、最近は効果よりも、株価がバブル気味になるなど副作用の方が懸念され始めている。米国、欧州、日本、さらに中国を加えた4極の今後の中央銀行政策とマーケットの動きを占う。 本書は週刊エコノミスト2015年11月10日号で掲載された特集「緩和中毒」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに・世界4極の果てしなき緩和 リーマン・ショックの再来も・米国 利上げを阻む3要因・欧州 限界に近づくECBの金融政策・日銀 異次元緩和に出口は見えない・中国 14年11月以降6度目の利下げ・株式市場はどう反応するか   緩和マネーは株式に向かわざるをえない   市場予想以上の緩和なら2万1500円も・年末の為替はどうなる 米利上げ開始は?   大統領選見据えドル安誘導   休止したドル高トレンドが復帰   正反対の日米金融政策で円安に   ECBの明確な緩和意思でユーロ安   FRB12月利上げでユーロ一段安
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「週刊エコノミストebooks」シリーズ作品一覧(226冊)

100円〜10,000(+税)