セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

絞り込み

『創作同人2016年11月』の検索結果

1~8件目/全31件

草原を行く風

著者
いわみゆうこ

100円(+税)  (税込 108円) 

完売した同人誌の電子書籍化

1994年~1995年にかけて描いたオリジナル漫画「草原を行く風」をまとめた同人誌(紙版は2000年発行)の電子書籍版です。短編2本も入っています。和風の少女漫画です。<収録作品> 「草原を行く風」(約80頁) 「草原に咲く花」(24頁) 「風祝詩」(8頁)  再録イラスト(1頁)※「創作同人2016年11月」参加作品

続きを読む

かっぱとせ

著者
斉所

93円(+税)  (税込 100円) 

二十一世紀河童渡世録

古道具屋を営むコダマの家にひとつの小包が届く。封入された小皿を水で洗うと突如 少女に変化し…?二十一世紀河童渡世録第1章(予定)。本編26ページ&おまけ5ページ。「創作同人2016年11月」参加作品。

春陽

著者
BELNE

800円(+税)  (税込 864円) 

純文系JUNE作品集

JUNEにこだわって描き続けた
男子も読める(?)JUNE漫画

【目次】
ひとでなし書房
春陽

春は弥生
さざんか
08年イベント用ペーパーより「浦安リゾート」
あとがき

創作同人電子書籍のススメ COMITIA117紙&電子同時発行企画顛末記

著者
なかせよしみ

93円(+税)  (税込 100円) 

創作同人の電子書籍化の今とこれから

「COMITIA117の電子書籍企画はこうなりました」。8月21日に開催のCOMITIA117で実施された「紙&電子同時発行」企画。その発起人「なかせよしみ」が「電子書籍ストア擬人化キャラ」とともに振り返る顛末記。創作同人誌の電子書籍化をとりまく「現状」と「今後の展開」について語る漫画読本。2016年10月のコミティアにて発行の自主出版誌(本文32ページ)「創作同人2016年11月」参加作品

続きを読む

ロンドンの佳き日 採録 7

著者
belne

500円(+税)  (税込 540円) 

イイ男がロンドンでカワイイ ネコと暮らすお話

蒼の男シリーズのベルネとガーディが、ロンドンでカワイイ ネコと暮らす、ほのぼのストーリィ。
SG企画グループ掲載の未単行本化作品集。総頁100P「冒頭1話まるまる試し読み」出来ます!

ヨルノトバリI: 夜のとばりに向かって 体験版

著者
野浦湘
イラスト
南風麗魔

0円(+税)  (税込 0円) 

雪代晴日と鳥倉かなみは中学時代からの親友同士で、同じ高校への進学を機に二人で一緒に暮らすことになった。
しかし晴日は、『同性の友人』以上の感情をかなみに対して密かに抱いていた。

新居に引っ越した当日、晴日たちは同じアパートの住人で同級生となる岸崎優子と知り合い、近所ということもあって友人として付き合うことになる。
そして入学式当日、晴日は絶世の美貌を持つ生徒会長で2年生の天瀬水渡から生徒会役員へと勧誘された。

だが、その頃から徐々に、晴日も気が付かないうちに彼女の人生の歯車は狂い始める。
水渡に隠された〈秘密〉、優子と水渡との間の浅からぬ因縁、それらが交錯する中、やがて晴日とかなみは思いがけない運命に翻弄されることになる──。

……「ヨルノトバリ」3部作の第1部、現在配信中の「夜のとばりに向かって」本編の前半約40%(8万字以上)を収録した体験版です。(「創作同人2016年11月」参加作品)

※改訂履歴
2017年06月16日 第2版:誤記修正等実施

続きを読む

きぃのお迎えとジューシーズ

著者
バードマン

100円(+税)  (税込 108円) 

セキセイインコと十姉妹飼ってます

鳥の飼育マンガ。セキセイインコのきぃをお迎えした話と、ジュウシマツとの日常を4コマ漫画で綴っています。前半は夫のJ。後半は妻のちえぞーが描いています。2011年発行のコピー本を電子書籍化しました。

でっかいちゃん2 Gaiantess DEKKAI-CHAN

著者
新居さとし

200円(+税)  (税込 216円) 

身長16.6mの巨大少女でっかいちゃんの日常を描くショート漫画シリーズ。

身長16.6mの巨大少女でっかいちゃんの日常を描くショート漫画シリーズ第2弾。夏に海に行ったり、冬の道をあるいたりと日常は続きます。新居さとしによる自主出版本。20ページ。「創作同人2016年11月」参加作品。

続きを読む

1~8件目/全31件

コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら

ページ先頭へ

本文の終わりです