電子書籍 アオイホノオ(ゲッサン少年サンデーコミックス) マンガ

著: 島本和彦 
みんなの★
5.0

まずは、無料で試し読み

試し読み

31ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

アオイホノオ(1) あらすじ・内容

1980年代初め。大阪の大作家芸術大学でTV・映画・アニメの講義を受けつつ、漫画家を目指す若者・ホノオは、しかしながら野望だけで具体的には何も動き出していなかった。そんなある日、何気なくサンデーを読んでいた彼は、当時はまだ無名の新人だったあだち充や高橋留美子の作品を目にして…?

この作品を共有

「アオイホノオ(ゲッサン少年サンデーコミックス)」作品一覧

(24冊)

各605(税込)

まとめてカート

時は1980年代初頭――近い将来、ひとかどの漫画家になってやろうともくろむひとりの若者がいた。男の名は焔燃(ホノオモユル)。心はすっかりプロ気分の19歳は勝手にライバル視する相手の活躍に焦り、もがき、戦い続ける――!!「エヴァンゲリオン」総監督・庵野秀明の人生も描いた熱血芸大生の七転八倒青春エレジー、急加速の第7巻!!

時は1980年代初頭――近い将来、ひとかどの漫画家になってやろうともくろむ1人の若者がいた。男の名は焔燃。実力と自信が一致せぬ19歳は勝手にライバル視するプロ漫画家から勇気をもらい…ついに学園ラブコメを描く!!?「高いハードルは華麗にかわす」熱血芸大生の七転八倒青春エレジー不滅の第8巻!!

時は1980年代初頭―近い将来、ひとかどの漫画家になってやろうともくろむ焔燃(ホノオモユル)は、出版社からの返事の電話を待ちつつ、悶々としていた…そして…ついに一本の電話が…!!!?一方、後に「エヴァンゲリオン」を作ることになる庵野秀明も京都にて…!!?熱血芸大生の七転八倒エレジー