電子書籍 磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~ マンガ

完結
著: 仲間りょう 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ☆

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~ 1 あらすじ・内容

花のお江戸に暮らす青年武士・磯部磯兵衛の夢は立派な武士になること。そのため武士道学校に通い、日々精進…する予定!? 実際は励まず学ばず勤しまず、ぐっだぐだな日々を送る磯兵衛の物語、幕を開けるで候。(『磯部磯兵衛物語』読切作品4本同時収録)

この作品を共有
  

「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」作品一覧

(16冊)

各418(税込)

まとめてカート

立派な武士を目指すも、まだまだダメ武士な磯兵衛が屋台に看板を付け、道場を開いた。強くなりたいと3人の子どもが弟子入りするが、自称・師範代の磯兵衛が伝授したのは!? ぐだぐだ浮世絵戯言第7巻で候。

江戸の治安を守るため、変態を増やす「春画=悪い=処す」という御触れが出された。磯兵衛をはじめ春画を愛する者たちは規制を無くさんと集結。結託し、春画一揆を起こすことに!?  ぐだぐだ浮世絵戯言第8巻で候。

夏休み、武士校生が江戸城の警護をすることになった。しぶしぶ城内に入った磯兵衛だったが城が使い放題とわかるとテンションUP。「見つけたモン勝ち」の埋蔵金の地図を発見し…!? ぐだぐだ浮世絵戯言第9巻で候。