電子書籍 クロカン マンガ

完結
著: 三田紀房 
みんなの★

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

クロカン 1 あらすじ・内容

「ドラゴン桜」でおなじみの三田紀房が描き上げた、高校野球を舞台に型破りな野球部監督が活躍する熱血スポーツコミック! 桐野高校野球部監督・黒木竜次(くろき・りゅうじ)、通称クロカン。低迷していた桐野高校野球部を、県内の強豪に育て上げたクロカンだったが、その評判は悪く、後援会からは監督更迭の声も上がっていた。そんな中、クロカンはエース投手・正宮(まさみや)をショートにし、控えの石光(いしみつ)をピッチャーにするのだが……!? 「これからたっぷり見せてやるぜ。“クロカン野球”ってやつを……」――。

この作品を共有
  

「クロカン」作品一覧

(27冊)

各400円 (+税)

まとめてカート

桐野高校との対戦で一皮むけた鷲ノ森高校野球部。そこで頭角を現した野球部員・坂本(さかもと)に目をつけたクロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)。貧乏な家のためにバイトをしていて練習時間がとれない坂本を、クロカンは高校プロ野球選手第1号として金を払って雇うことにする。その事実を知った新聞記者・小清水(こしみず)に脅されるクロカンだったが……!? 「いいか、ガキども…、大人になりたかったら、金払え」――。

甲子園準優勝校である京陽高校と、練習試合をすることになった鷲ノ森高校野球部。クロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)は、超高校級ピッチャー・坂本(さかもと)を投入して好勝負をする。京陽のピッチャー・細腰(ほそごし)も変化球を駆使して好投を続け、雨の中で繰り広げられた試合は伝説のゲームになる。しかし試合終了後に細腰が告げた意外な一言とは……!? そして鷲ノ森高校野球部に襲いかかるアクシデントとは……!? 「自分が本当にしたいことはなにか、わかった時、ためらうな…、動け!」――。

エース・坂本(さかもと)の存在に劣等感を抱く小笠原(おがさわら)たちが出て行ってしまい、鷲ノ森高校野球部は分裂してしまう。そしてギリギリの人数で信明学園と対戦することになった鷺ノ森高校だが、クロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)の英断が勝利を導く。一方、その試合をテレビで見ていた小笠原たちは、野球がやりたい気持ちに苦悩していた。そんな中、主力選手・備前(びぜん)が負傷して……!? 「誰の力も借りずに、自分一人で乗り越えるしかないんだ…」――。