電子書籍 バチバチ マンガ

完結
著: 佐藤タカヒロ 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

バチバチ 壱 あらすじ・内容

ある事件をきっかけに相撲界を追われ、この世を去った大関・火竜! その息子、鮫島鯉太郎の胸には父が遺した言葉が深く刻まれていた!!待ったなしの角界激震! 本格大相撲漫画!!

この作品を共有
  

「バチバチ」作品一覧

(16冊)

各440(税込)

まとめてカート

似た者同士・石川との強烈な対抗意識!実力者・村神に相手にされぬ屈辱感!同期生との因縁渦巻く鯉太郎の名古屋場所が開幕!!

「序の口と幕下優勝を俺らが部屋に持ち帰るんだ!」…互いに優勝を狙う鯉太郎と兄弟子・吽形。しかし、吽形の前には、あの因縁の大鵠が…!?

吽形VS大鵠、最低最悪の驚愕結末に阿形の怒りが爆発する!! そして、涙なくしては見られぬ幕下優勝を決める大一番、その勝者は!?

「バチバチ」のおすすめコメント

バチバチ 壱 Michi(BOOK☆WALKER スタッフ) 登録日:2016/07/05

土俵上の魂のぶつかり合いを見てほしい!

表紙を見てヤンキーマンガだと思わないでほしい。これは超激熱相撲マンガですっ! 国技なのに、総武線の窓からよく国技館を見ているのに、あまり知らなかった大相撲の世界。 そこにこんなに熱い物語があるなんて、知らなかった。相撲観戦にハマっている女友達がいたけれど、今ならその気持ちがよくわかる。 本作品は主人公、鮫島鯉太郎が16歳で角界に入門して、力士としての道を歩み始めるところまで。力士としては小さい体、彼の父親が角界に残した遺恨。必ずしも順風満帆とはいかないながらも、覚悟と根性をもって壁を破っていく姿は熱さを超えて爽快感を感じる。 何となく見ていたスポーツニュースでの相撲を見る目が大きく変わった。小さな力士が躍進なんていう報道を見ると、この作品と重なり、彼の血の滲む様な努力を想像して一人目頭を熱くしたりして。 角界でさらにのし上がる「バチバチBURST」、ついに挑む大相撲「鮫島、最後の十五日」と続く、「バチバチシリーズ」の第一章が本作です。