電子書籍 エデンの檻 マンガ

完結
著: 山田恵庸 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

72ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

エデンの檻(1) あらすじ・内容

存在しない場所! 不可解な動物たち! 底知れぬ謎! 全力で生きなきゃ死んじまう! この島ハンパねぇ!! ――グアムでの修学旅行の帰路、アキラたちは原因不明の飛行機事故に見舞われた! 気を失って目覚めたのは、見たこともない動物が生息しているジャングル。その島は絶滅したはずの動物が闊歩し、しかも島自体が地図に存在しない島だった。襲いかかる猛獣たち。非日常の緊張からパニックを起こすクラスメイト。謎だらけのジャングルで“生き残り”が始まる!

この作品を共有

「エデンの檻」作品一覧

(21冊)

各462(税込)

まとめてカート

突然の飛行機事故で、アキラ達が放り出された弱肉強食のジャングル! アキラと大森(おおもり)は仲間とはぐれ、大人だけのグループに拉致された。大森の先輩・十和(とわ)の死体を見つけたアキラは、その犯人が、ごく普通の17人の大人達だと知る。善良の仮面を捨て豹変した大人達。殺人の秘密を隠すため、アキラ狩りが始まった!

ジャングルに散った仲間を探し続けるアキラ達に合流した佐久間雪(さくま・ゆき)。雪のグループが殺人鬼に襲われ、仲間が次々と殺されていると言う。しかし、助けに急ぐアキラ達がたどり着いた巨大遺跡のような地下世界で、ナイフで刺され倒れてしまった大森。トドメを刺そうとする殺人鬼を止めたのはアキラだったが、その殺人鬼の正体は、なんと親友の幸平(こうへい)だった!

荒々しい岩肌の上。血を流し、身じろぎもできず倒れているアキラ! アキラとともに横たわる一体の死体と、肉食の牙を振りかざし、アキラに歩み寄るオオカミ! 一体なぜ、こんなことになってしまったのか!? 事の発端は、アキラたちがベース付近の探索を始めた2日前にさかのぼる。そこで出会ったのは、2人の美女と、顔を包帯で覆った不気味な男だった。