電子書籍 「境界迷宮と異界の魔術師」シリーズ 新文芸

著者: 小野崎えいじ  イラスト: 鍋島テツヒロ 
みんなの★
4.7

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

境界迷宮と異界の魔術師 1 あらすじ・内容

転生×魔法バトルファンタジー!

貴族の庶子として兄弟からも虐げられていたテオドール=ガートナーは、水路に突き落とされて死にかけた際に『前世の記憶』を取り戻す。
その記憶とは、自分がかつて日本人・霧島景久であり、VRMMO『Break Force Online』へのログイン中に死亡したこと。そして、その『BFO』の世界では『テオドール』を自キャラとしてプレイしていたことだった。
前世の記憶と共に魔法の使い方も思い出したテオドールは、自らの成長と転生した世界の謎を探るため、従者の少女グレイスと共に家を出て、迷宮都市タームウィルズへと旅立つ。
広大な迷宮を抱える異世界を舞台に、異界の記憶を持つ少年の冒険の日々がいま始まる。

この作品を共有

「「境界迷宮と異界の魔術師」シリーズ」作品一覧

(15冊)

各1,320(税込)

まとめてカート

前世の記憶を持ち、卓越した魔術技能を持つテオドール=ガートナーは従者のグレイスとともに、迷宮都市タームウィルズで暮らしていた。
第二の魔人を撃退し、王家を派閥争いを裏から操っていたローズマリーの陰謀を阻止したテオドールたちは、久しぶりの我が家へ帰り、疲れを癒やしていた。だが、そんな安息の日々は世界の秘密を知る女神との出会い、新たな魔人の襲来によって儚く崩れて去ってしまう。そして、魔人の襲撃と呼応するよう王家の派閥争いが再び巻き起こり、テオドールはまたしても王位簒奪を阻止するために動き出す……のだが、事件の犯人だったローズマリーは牢の中。果たして、一連の事件の黒幕とはいったい誰なのか――!? 転生×魔法バトルファンタジー、第4弾!

前世の記憶と卓越した魔術技能で、再び王位簒奪の企みを阻止したテオドール=ガートナー。
彼は世界の秘密を知る少女・クラウディアとの邂逅を果たし、魔人討伐に向けての協力関係を築く。
魔人を崇拝し、人間を生贄に捧げる「デュオベリス教団」。その信徒が現れたことを知ったテオドールは、彼らの狙いに孤児院が含まれていることを予見する。孤児院は、イルムヒルトとシーラ――大切な仲間達が育った場所。そして、子供達が異種族や友好的な魔物と手を取り合えることを信じて建てた、女神シュアスの希望でもある。
早速警戒にあたるテオドールの前に現れたのは、美しく残酷な吸血鬼ヴァージニア。そして――人間社会に溶け込み暗躍する魔人、黒骸のガルディニスだった。
転生×魔法バトルファンタジー、第5弾! テオドールとグレイス、リサの過去を描く書き下ろし番外編「遠い日の思い出」も収録。

惜しみない拍手と称賛の歓声に包まれながら、境界劇場における初演奏会の幕を閉じたテオドール達。
成功の余韻に酔いしれつつ開催した打ち上げも、現代知識を活かした料理に舌鼓を打ち、カードゲームに興じる人々で溢れ返るという、十分な手応えを感じさせるものとなった。
そして、翌日。クラウディアの信頼を得たテオドールは、ついに彼女から迷宮の――世界の秘密を明かされる。真実を知ってなお彼女と世界を救うことを誓ったテオドールだが、クラウディアから思いも掛けない申し出が!?
「命を賭けてもらうなら――私も私の全てを差し出すわ」
シーラとイルムヒルトの幼少時代を描く書き下ろし番外編「孤児院の夕暮れ」も収録。
転生×魔法バトルファンタジー、第6弾!