電子書籍 マリアージュ~神の雫 最終章~(モーニング) マンガ

原作: 亜樹直  漫画: オキモト・シュウ 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ☆

まずは、無料で試し読み

試し読み

31ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

マリアージュ~神の雫 最終章~(1) あらすじ・内容

永きに亘る探求の旅がついに終わりを迎える…。世界的ワイン評論家・神咲豊多香(かんざき・ゆたか)の遺した言葉が〈天上のワイン・神の雫〉に至る道標となる! ワインの武者修行を経て成長を遂げた雫が料理とワインの『マリアージュ』に挑む。そして『神の雫』を巡る遠峰との最終戦がついに始まる!

この作品を共有

「マリアージュ~神の雫 最終章~(モーニング)」作品一覧

(16冊)

各648(税込)

まとめてカート

『神の雫騎士団』から新たに出された課題。それは4品からなるフランス料理のコースにマリアージュする4つのワインを見つけ出すこと! そのためにも「鮭のヴァンブランソース」と「プレ・サレ仔羊のロースト」という課題が、それぞれどのような調理法をされるものか探っていく雫だが!?

『神の雫騎士団』出された四品の課題のうち、「ラタトゥイユ」と「鮭のヴァン・ブランソース」に合わせるワインは決まった。メインの「プレ・サレ仔羊のロースト」に合わせるために試食をした雫だったが、そこで合わせたポイヤックのワインとの伝統的で完璧なマリアージュに打ちのめされてしまう。それ以上の創造的なマリアージュを探すためにワインショップをめぐる雫は、ある青年と運命的な出会いをする。

『神の雫騎士団』が出した課題は「ラタトゥイユ」「鮭のヴァン・ブランソース」「プレ・サレ仔羊のロースト」「ガトーショコラ」の4品。オフィシエ7人の前で、雫はそれぞれの料理に合わせた渾身のワインを出していくが、遠峰は雫の想像の上を行くワインを出してくる! 雫と遠峰が繰り広げるハイレベルなマリアージュ勝負に対し、オフィシエ7人の下した勝敗の判定は…?