電子書籍 ぼくと魔女式アポカリプス ラノベ

著者: 水瀬葉月  イラスト: 藤原々々 

まずは、無料で試し読み

試し読み

60ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ぼくと魔女式アポカリプス あらすじ・内容

自傷と微笑。 哀しい魔女の終わりの方式――。

これは、ぼくと彼女の前に突然現れた、ひとつの大きな 「連鎖」 の話だ。 少女の告白という何の変哲もない 「普通」 から生まれる、無意味な 「特別」 の連鎖――。 滅びた魔術種たち。 種の復活を賭けて行われる、人間を代役とした争い。 それらの存在を知ったぼくの横で、魔女種族の代替魔術師となった彼女は戦う。 そして戦うために行い続ける。 哀しい微笑で、哀しい自傷を。 「普通」 と 「特別」 が混濁し、ぼくたちの眼前に残ったのは、ただ無慈悲な――。

  • シェア:

「ぼくと魔女式アポカリプス」作品一覧

(4冊)

363〜715(税込)

まとめてカート

『電撃hp』Volume.42,46,48に掲載された、『ぼくと魔女式アポカリプス』のレア掌編を1冊にまとめ、電子書籍化! 第10回電撃ゲーム小説大賞<選考委員奨励賞>受賞者の水瀬葉月が贈る学園ファンタジー特別編!

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。