電子書籍 孔雀王 退魔聖伝 マンガ

完結
著: 荻野真 
みんなの★
3.7

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

孔雀王 退魔聖伝 巻之一 あらすじ・内容

孔雀明王の宿命を背負った退魔師・孔雀の活躍再び! 妖魔に見初められ、契をかわしてしまった少女を救うために、彼女を見守りつづける孔雀。しかし妖魔の手によって不覚にも眠らされてしまう! いそぎ駆けつけた孔雀が見たものは、少女によりそう巨大な狒々(ひひ)の化物だった……!!

この作品を共有
  

「孔雀王 退魔聖伝」作品一覧

(11冊)

各550(税込)

まとめてカート

「第3の目」を象徴とする謎の呪術組織による、連続霊能力者殺人事件が勃発。情報を集めるため、霊能力を持つ少女・京子に会いに向かった孔雀は、そこで超能力を暴走させる京子を見つける。他人の穢れを背負い、「第3の目」の力を暴走させた京子は、ついにその姿を変える……。

謎の呪術集団の黒幕、八意思兼神(やごころおもいかねのかみ)に身体を乗っ取られた孔雀は、国津神の頭・建御名方神(たけみなかたのかみ)と対峙する。かつてヤマタノオロチを退治したスサノオの血を継ぐ建御名方神の猛攻は、確実に思兼神を追い詰める。しかし、逆転をはかる思兼神は孔雀に眠る強大な力を呼び起こしてしまう。

天照復活を目論む天津神が、裏高野を支配する!! 孔雀は、捉えられた日光を助けにむかうが、そこには怪力無双の天津神・天手力男神(あまのたぢからおのかみ)が待ち受けていた。空海の霊力を吸い取った天手力男の猛攻に、孔雀は為す術もない……。一方、蓮華の助けで脱出した日光は、天津神が狙う八咫鏡を破壊しようとするが……。