電子書籍 ぎゅわんぶらあ自己中心派(ヤングマガジン) マンガ

著: 片山まさゆき 
みんなの★
3.7

まずは、無料で試し読み

試し読み

45ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ぎゅわんぶらあ自己中心派(1) あらすじ・内容

心地良い連続音と共に、やってきました持杉(もちすぎ)ドラ夫(お)!! 次々と現れる迷走雀士をものともせず、タタンタタンタンタン♪とサンバのリズムに乗って華麗に牌(パイ)を引く姿は、もはや麻雀が芸術の域まで達したような(!?)錯覚すらおぼえてしまう。息もつかせぬギャグの嵐があなたを襲う! 世紀のバトルロイヤル開始! これぞ、麻雀漫画の真骨頂!!

この作品を共有

「ぎゅわんぶらあ自己中心派(ヤングマガジン)」作品一覧

(8冊)

各660(税込)

まとめてカート

また勝ってしまった。ここでは金が全てだ。勝った奴が得、負けた奴は失う。砂漠のような雀荘で勝ち続ける者は孤独だ。俺は世界で一番孤独かもしれない――な~んて気どるドラ夫(お)の前に、負けても金は払わないような自己中心派麻雀士が続々と現れる。ギャンブラーには、孤独にひたるヒマなどないのだ!!

ツモったぁ! リーチ、ハイテイ、ツモ四暗刻(スーアンコー)、役満だあぁぁ!! 天才は1%の才能と99%の努力から生まれる。そして麻雀は、1%の技術と99%のツキで決まる――ってのは大ウソで、テクが結構モノをいうのさっ。大タコからプロまで、全国5000万雀士に贈る、これぞ永遠のバイブル!

サヨウナラ~、サヨウナラ~♪ ぶっとびの彼方へ消え去っていった歴戦の強敵(つわもの)たちよ。いつの日かまた、持杉(もちすぎ)ドラ夫(お)と四角い卓を囲むその日まで、ツキとワザとオカネと、大ボケギャグをためてカモネギのごとく待っていてね。てなワケでパート1無事終局! ここまで読めば、キミも立派な迷雀士!?