セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

絞り込み

『平井和正』の検索結果

1~8件目/全19件

作画
泉谷あゆみ
原作
平井和正
脚本
田畑由秋
余湖裕輝

シリーズ12冊  各500円(+税) シリーズ

名作人気小説「ウルフガイ・シリーズ」より『狼の紋章』を完全コミック化!! 現代に生きる、野獣の精気を発する少年・犬神明の物語。残酷で凶暴な壮絶バイオレンスアクション!!

平井和正
イラスト
生頼範義

シリーズ11冊  各500円(+税) シリーズ

幻魔の侵攻を逃れた別の世界。
東丈は超能力に目覚めることなく、29歳の青年作家として平穏な人生をおくっていた。
トランシルヴァニア王国のリア姫は、その超常識的能力を買われて、多国籍企業“クェーサー”の贅をつくしたプライベートジェットで米大陸へ向かう。
「飛行機が空中分解する!」突如狂乱状態に陥るリア姫に、亡き姉のルナ姫が憑依し、幻魔の侵攻と世界の真実を語りだした!
幻魔大戦と壮大なデュオを奏するもうひとつの幻魔大戦、いよいよスタート!
※本電子書籍版では、雑誌掲載時含め生頼範義による挿絵全28点を完全収録しています。

続きを読む

ジャンル
文芸
SF
レーベル
――
出版社名
e文庫
平井和正
イラスト
高橋有紀

シリーズ9冊  各500円(+税) シリーズ

妖精か、神様か? ライトノベルの始祖・平井和正が描くマジカル・ラヴストーリー、全9巻!

《あらすじ》
主人公・大上円(おおかみ・えん)は、月齢と同じ29日周期で42度の高熱を発する逆ウルフガイ体質の持ち主。転校を繰り返す学校無宿の円君は、新都心・ウィングシティで、暴走族の集団に襲われる美少女を救け出す。それが、探し求めていた少女・百合川螢との出会いであり、“世界の変化”の始まりだった!?
美しく高貴で、壊れてしまいそうなボヘミアンガラスにも似た、世界の終わりの恋の行く末は?

※本書は1994年11月、パソコン通信ネット10局で、世界初の書き下ろし電子書籍として発表されました。
※平井和正による電子出版宣言が記された“あとがき”「『ボヘミアンガラス・ストリート』が始まる」を収録。

続きを読む

ジャンル
ライトノベル
SF
レーベル
――
出版社名
e文庫
原作
平井和正
著者
桑田次郎

シリーズ2冊  各600円(+税) シリーズ

人類に希望はあるのか-宇宙最古の種族あるゴールによって選び出された3人のエリート! 彼らに人類の未来は委ねられた……。
平井・桑田の名コンビが放つ、ハードSFの衝撃作! 全2巻!

原作
平井和正
著者
桑田次郎

シリーズ2冊  各600円(+税) シリーズ

獰猛にして非常、攻撃的で邪悪な生物、人類-この殺戮の歴史を繰り返すものの前にあらわれた宇宙生命体“デス”!
新人類の誕生を指向する平井・桑田の才知が描く人類崩壊の叙事詩!(全2巻)

原作
平井和正
著者
桑田次郎

シリーズ2冊  各600円(+税) シリーズ

「超犬リープ」-平井和正、桑田次郎の黄金コンビが放つ、SFマンガの幻の名作!
ロボット犬リープの活躍が呼びおこす鮮烈な感動!!
熱いメッセージが全編を貫く!

平井和正
イラスト
泉谷あゆみ

シリーズ4冊  各500円(+税) シリーズ

ウルフガイが少女になって還ってきた!
麦藁色のライオンヘアの美少女の名前は、犬神明(メイ)。
暴力と退廃が支配する学園・博徳高校に転校してきた犬神メイは、非行少年のボス・真黒獰に目をつけられる。お節介な“一人生徒会長”鷹垣人美は、真黒に連れ去れらようとしていたメイの奪還に成功するが、トラブルメーカーのメイの周囲に巻き起こるやっかいごとに次々巻き込まれていく羽目に!?
大ヒットシリーズの電子版、オールカラーイラスト収録で刊行開始!
〈解説〉七月鏡一

続きを読む

狼の紋章 コインUP

著者
平井和正
イラストレータ
生頼範義

500円(+税)  (税込 540円) 

犬神明――しなやかな長身に驚異的な野性の活力を秘めた少年は、孤独の影を引いてやってきた。「悪徳学園」と異名をとる私立学園、そこはありとあらゆる人間悪の病巣だった。そこで少年は若く美しい女教師と宿命の遭遇を遂げる…。学園を暴力支配する非行少年ら狂犬群は、犬神明に牙をむきキャンパスを鮮血で染める!残忍卑劣な人間暴力に、狼の凄絶な怒りの咆哮が爆発する――平井和正“ヤング・ウルフガイ”シリーズ第1作のノン・ノベル版が、生頼範義の表紙画&挿絵で復刻!

続きを読む

1~8件目/全19件

コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら

ページ先頭へ

本文の終わりです