ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • 宝島社コイン40%還元キャンペーン
文芸

〈物語〉シリーズ オフシーズン全4冊合本版【イラストギャラリー付き】

あらすじ・内容

西尾維新の大人気青春怪異譚〈物語〉シリーズが合本版になって登場!
VOFAN氏によるイラストギャラリーも特別収録!

【収録作品】
『愚物語』
“それじゃあ、僕の勝利を祈っていて。この世界と、きみが愛する人達のために”
阿良々木暦を監視する式神童女・斧乃木余接。
死体の付喪神である彼女が挑む、命がけの死闘とは!?
〈物語〉は育ち、走り続けて燃え盛る!

『業物語』
“キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードってえ名前は
俺様が考えてやった。”
六百年ほど前、今はもう滅びた国に『うつくし姫』と呼ばれる女の子がいました。その美しさに誰もが命をささげ、彼女が歩く道は死体の山となりました……。

『撫物語』
かつて神様だった少女・千石撫子。夢を追い、現実に追いつめられる彼女は、式神童女・斧乃木余接の力を借りて、分身をつくることに成功する。

『結物語』
怪異譚となる前の“風説”を取り締まる、直江津署風説課で働きはじめた警察官・阿良々木暦。町を離れた、ひたぎと翼。23歳になった3人が選ぶ道と、暦が最後に伝える想いとは…?永遠に、この恋心はほどけない。

電子書籍
価格

5,390(税込)

4,900円 (+消費税490円)

付与コイン
49(*詳細)

作品情報

シリーズ
〈物語〉シリーズ 合本版
著者
レーベル
――
出版社
講談社
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
1383
配信開始日
2021/8/18
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境

ランキング

週間
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

文芸 〈物語〉シリーズ ファイナルシーズン全6冊合本版【イラストギャラリー付き】

著: 西尾維新

西尾維新の大人気青春怪異譚〈物語〉シリーズが合本版になって登場!
VOFAN氏によるイラストギャラリーも特別収録!

【収録作品】
『憑物語』
“頼むからひと思いに──人思いにやってくれ”
少しずつ、だがしかし確実に「これまで目を瞑ってきたこと」を精算させられていく阿良々木暦。
大学受験も差し迫った2月、ついに彼の身に起こった“見過ごすことのできない”変化とは……。
〈物語〉は終わりへ向けて、憑かれたように走りはじめる──。

『暦物語』
美しき吸血鬼と出逢った春夜から、怪異に曳かれ続けた阿良々木暦。立ち止まれぬまま十二カ月はめぐり、〈物語〉はついに運命の朝を迎える。

『終物語 上』
“お前は何も知らないのよ―阿良々木。自分が何で出来ているかを知らないの”
真っ暗な瞳の高校生・忍野扇。彼女が微笑みながら解き明かす、阿良々木暦の始点とは……?

『終物語 中』
“神原駿河は、私の姉の娘だよ―眠らせておくには惜しい才能さ”
何でも知ってるおねーさん・臥煙伊豆湖。彼女が阿良々木暦に課す、終幕へ向かうための試練とは……?

『終物語 下』
“それがきみの―青春の終わりだ”
大学受験当日の朝、北白蛇神社へ向かった阿良々木暦。彼を待ち受けていたのは、予期せぬ笑顔と最終決戦の号砲だった―。

『続・終物語』
“私、とっても幸せなのに――こんなの、全部嘘だって思ってる”
直江津高校卒業式の翌朝。妹達の力を借りずに目覚め、“何者でもなくなった”阿良々木暦が向かい合う、新しい世界とは……?
彼ら彼女らの物語の――続き。

価格

9,570(税込)

8,700円 (+消費税870円)

「〈物語〉シリーズ 合本版」シリーズ作品一覧(全4冊)

5,390円〜9,570(税込)

  • 文芸 〈物語〉シリーズ オフシーズン全4冊合本版【イラストギャラリー付き】

    西尾維新の大人気青春怪異譚〈物語〉シリーズが合本版になって登場!
    VOFAN氏によるイラストギャラリーも特別収録!

    【収録作品】
    『愚物語』
    “それじゃあ、僕の勝利を祈っていて。この世界と、きみが愛する人達のために”
    阿良々木暦を監視する式神童女・斧乃木余接。
    死体の付喪神である彼女が挑む、命がけの死闘とは!?
    〈物語〉は育ち、走り続けて燃え盛る!

    『業物語』
    “キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードってえ名前は
    俺様が考えてやった。”
    六百年ほど前、今はもう滅びた国に『うつくし姫』と呼ばれる女の子がいました。その美しさに誰もが命をささげ、彼女が歩く道は死体の山となりました……。

    『撫物語』
    かつて神様だった少女・千石撫子。夢を追い、現実に追いつめられる彼女は、式神童女・斧乃木余接の力を借りて、分身をつくることに成功する。

    『結物語』
    怪異譚となる前の“風説”を取り締まる、直江津署風説課で働きはじめた警察官・阿良々木暦。町を離れた、ひたぎと翼。23歳になった3人が選ぶ道と、暦が最後に伝える想いとは…?永遠に、この恋心はほどけない。

    価格

    5,390(税込)

    4,900円 (+消費税490円)

  • 文芸 〈物語〉シリーズ ファーストシーズン全7冊合本版【イラストギャラリー付き】

    西尾維新の大人気青春怪異譚〈物語〉シリーズが合本版になって登場!
    VOFAN氏によるイラストギャラリーも特別収録!

    【収録作品】
    『化物語 上』
    阿良々木暦を目がけて空から降ってきた女の子・戦場ヶ原ひたぎには、およそ体重と呼べるようなものが、全くと言っていいほど、なかった――!?

    『化物語 中』
    吸血鬼体質となった高校生・阿良々木暦。彼が出逢う、猿に願った少女と蛇に巻き憑かれた少女とは……?

    『化物語 下』
    三つ編み眼鏡の委員長・羽川翼。阿良々木暦の恩人である彼女が魅せられた怪異とは……?

    『傷物語』
    全てはここから始まる! 『化物語』前日譚!
    全ての始まりは終業式の夜。阿良々木暦と、美しき吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハードアンダーブレードの出逢いから――。

    『偽物語 上』
    阿良々木暦の青春は、常に怪異と共にある!? 夏休みに入った阿良々木暦は突然、戦場ヶ原ひたぎによって監禁されてしまい……?暦の二人の妹・ファイヤーシスターズも登場!

    『偽物語 下』
    「こんな偽物だらけの世界は滅んじゃっていいと思うんだよね、お兄ちゃん」。阿良々木暦の妹・月火が実行する、燃え盛るような正義とは!?

    『猫物語 黒』
    完全無欠の委員長、羽川翼。阿良々木暦の命の恩人である彼女はゴールデンウィーク初日、一匹の猫に、魅せられた――。それは、誰かに禁じられた遊び……人が獣に至る物語。
    封印された“悪夢の九日間”は、今その姿をあらわにする!

    価格

    8,426(税込)

    7,660円 (+消費税766円)

  • 文芸 〈物語〉シリーズ セカンドシーズン全6冊合本版【イラストギャラリー付き】

    西尾維新の大人気青春怪異譚〈物語〉シリーズが合本版になって登場!
    VOFAN氏によるイラストギャラリーも特別収録!

    【収録作品】
    『猫物語 白』
    “何でもは知らないけれど、阿良々木くんのことは知っていた。”
    完全無欠の委員長、羽川翼は2学期の初日、1頭の虎に睨まれた――。それは空しい独白で、届く宛のない告白……<物語>は、予測不能の新章に突入する!

    『傾物語』
    “変わらないものなどないというのなら――運命にも変わってもらうとしよう”
    迷子の小学生・八九寺真宵(はちくじまよい)。阿良々木暦が彼女のために犯す、取り返しのつかない過ちとは――!? 〈物語〉史上最強の2人組が“運命”という名の戦場に挑む!

    『花物語』
    “薬になれなきゃ毒になれ。でなきゃあんたはただの水だ”
    阿良々木暦(あららぎこよみ)の卒業後、高校三年生に進級した神原駿河(かんばるするが)。直江津(なおえつ)高校にひとり残された彼女の耳に届いたのは、“願いを必ず叶えてくれる『悪魔様』”の噂だった……。
    <物語>は、少しずつ深みへと堕ちていく――。

    『囮物語』
    “――嘘つき。神様の癖に”
    かつて蛇に巻き憑かれた少女・千石撫子(せんごくなでこ)。阿良々木暦(あららぎこよみ)に想いを寄せつづける彼女の前に現れた、真っ白な“使者”の正体とは……?
    <物語>は最終章へと、うねり、絡まり、進化する――。

    『鬼物語』
    “誤解を解く努力をしないというのは、嘘をついているのと同じなんだよ”
    阿良々木暦(あららぎこよみ)の影に棲む吸血鬼・忍野忍(おしのしのぶ)。彼女の記憶から呼び覚まされた、“怪異を超越する脅威”とは……!?
    美しき鬼の一人語りは、時空を超えて今を呑みこむ――!!

    『恋物語』
    “片思いをずっと続けられたら──それは両想いよりも幸せだと思わない?”
    阿良々木暦(あららぎこよみ)を守るため、神様と命の取引をした少女・戦場ヶ原ひたぎ。
    約束の“命日”が迫る冬休み
    彼女が選んだのは、真っ黒で、最悪の手段だった……。
    <物語>はその重圧に軋み、捩れ、悲鳴を上げる──。

    価格

    8,580(税込)

    7,800円 (+消費税780円)

  • 文芸 〈物語〉シリーズ ファイナルシーズン全6冊合本版【イラストギャラリー付き】

    西尾維新の大人気青春怪異譚〈物語〉シリーズが合本版になって登場!
    VOFAN氏によるイラストギャラリーも特別収録!

    【収録作品】
    『憑物語』
    “頼むからひと思いに──人思いにやってくれ”
    少しずつ、だがしかし確実に「これまで目を瞑ってきたこと」を精算させられていく阿良々木暦。
    大学受験も差し迫った2月、ついに彼の身に起こった“見過ごすことのできない”変化とは……。
    〈物語〉は終わりへ向けて、憑かれたように走りはじめる──。

    『暦物語』
    美しき吸血鬼と出逢った春夜から、怪異に曳かれ続けた阿良々木暦。立ち止まれぬまま十二カ月はめぐり、〈物語〉はついに運命の朝を迎える。

    『終物語 上』
    “お前は何も知らないのよ―阿良々木。自分が何で出来ているかを知らないの”
    真っ暗な瞳の高校生・忍野扇。彼女が微笑みながら解き明かす、阿良々木暦の始点とは……?

    『終物語 中』
    “神原駿河は、私の姉の娘だよ―眠らせておくには惜しい才能さ”
    何でも知ってるおねーさん・臥煙伊豆湖。彼女が阿良々木暦に課す、終幕へ向かうための試練とは……?

    『終物語 下』
    “それがきみの―青春の終わりだ”
    大学受験当日の朝、北白蛇神社へ向かった阿良々木暦。彼を待ち受けていたのは、予期せぬ笑顔と最終決戦の号砲だった―。

    『続・終物語』
    “私、とっても幸せなのに――こんなの、全部嘘だって思ってる”
    直江津高校卒業式の翌朝。妹達の力を借りずに目覚め、“何者でもなくなった”阿良々木暦が向かい合う、新しい世界とは……?
    彼ら彼女らの物語の――続き。

    価格

    9,570(税込)

    8,700円 (+消費税870円)

付与コインの内訳

49コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「〈物語〉シリーズ オフシーズン全4冊合本版【イラストギャラリー付き】」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報