ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

POPEYE(ポパイ) 2020年 2月号 [STYLE SAMPLE’20]

あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

特集
STYLE SAMPLE ‘20

2年ぶりに『ポパイ』が世界8都市&日本全国をまわってスナップ。

これはスタイルの教科書ではなく、あくまでサンプル。
世界中でスナップしたファッションはバラバラだ。
服が好きな人もいたし、無頓着な人もいた。
ひとつ共通しているのは、それぞれの理由で服が似合っていること。
そもそも、服が似合うってどういうことなんだろう?
それは見た目のことだけ気にする話ではないのは確かだ。
この特集に登場する424人をパラパラと眺めながら、
今年も自分の「スタイル」について考えてみよう。

電子書籍
価格

680(税込)

618円 (+消費税62円)

付与コイン
6(*詳細)

作品情報

シリーズ
POPEYE
著者
レーベル
――
出版社
マガジンハウス
カテゴリ
実用
ページ概数
152
配信開始日
2020/1/9
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 POPEYE(ポパイ) 2022年 9月号 [シティボーイ、はじめて1人でバーに行く。]

著: ポパイ編集部

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

シティボーイ、はじめて1人でバーに行く。

この1冊を読めば、おそるおそる扉を開けて中を覗き込む、
なんてことはしなくてもう大丈夫。むしろワクワクして欲しい。
きっと今は1杯目に何を頼めばいいのか、服装はどうするか、
バーテンダーと何を話せばいいのか、そもそも何が楽しいのか、
もうわからないことだらけ。1人でバーに行くなんて無理でしょう。
でもお酒のことをきちんと知って、好きになったらこっちのもの。
ショートとロング、ソーダとトニックの違いなんて基本もしっかり、
スタンダードから今の時代の気分にあったカクテルまで押えておく。
お酒をきちんと理解して、もっと楽しく飲めるアイデアも。
酒場で酒のうんちくを語ることほど無粋なことはありませんが、
知ったかぶりせずキレイにお酒を飲む、そんな人になりたいなあ。

Contents
・シティボーイのお酒物語。
・Let’s Enjoy Cocktail Life! 知るほどに美味しくなるお酒の話。
・バーテンダーってどんな仕事ですか?
・L’HEURE DE L’APERO カフェで一杯。
・LET’S DRINK EVERY LAST DROP! 最高にお酒が楽しい店。
・WHAT’S HARD CIDER? ハードサイダーって知ってる?
・「洋酒天国」を作った先輩たち。
・牧野伊三夫の日本全国・酒場の旅。
・大人に会って、お酒の話をする。

価格

710(税込)

645円 (+消費税65円)

「POPEYE」シリーズ作品一覧(全49冊)

591円〜730(税込)

  • 実用 POPEYE(ポパイ) 2022年 9月号 [シティボーイ、はじめて1人でバーに行く。]

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
    ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

    シティボーイ、はじめて1人でバーに行く。

    この1冊を読めば、おそるおそる扉を開けて中を覗き込む、
    なんてことはしなくてもう大丈夫。むしろワクワクして欲しい。
    きっと今は1杯目に何を頼めばいいのか、服装はどうするか、
    バーテンダーと何を話せばいいのか、そもそも何が楽しいのか、
    もうわからないことだらけ。1人でバーに行くなんて無理でしょう。
    でもお酒のことをきちんと知って、好きになったらこっちのもの。
    ショートとロング、ソーダとトニックの違いなんて基本もしっかり、
    スタンダードから今の時代の気分にあったカクテルまで押えておく。
    お酒をきちんと理解して、もっと楽しく飲めるアイデアも。
    酒場で酒のうんちくを語ることほど無粋なことはありませんが、
    知ったかぶりせずキレイにお酒を飲む、そんな人になりたいなあ。

    Contents
    ・シティボーイのお酒物語。
    ・Let’s Enjoy Cocktail Life! 知るほどに美味しくなるお酒の話。
    ・バーテンダーってどんな仕事ですか?
    ・L’HEURE DE L’APERO カフェで一杯。
    ・LET’S DRINK EVERY LAST DROP! 最高にお酒が楽しい店。
    ・WHAT’S HARD CIDER? ハードサイダーって知ってる?
    ・「洋酒天国」を作った先輩たち。
    ・牧野伊三夫の日本全国・酒場の旅。
    ・大人に会って、お酒の話をする。

    価格

    710(税込)

    645円 (+消費税65円)

  • 実用 POPEYE(ポパイ) 2022年 8月号 [17歳からの映画案内。]

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ※特集『「これから映画を観る君へ。バリー・ジェンキンス」「17歳の頃の自分に観せたい映画。」「人生で大事なことは映画が教えてくれた。」「マーク・カズンズと130年の映画の歴史を駆け足で巡ってみた。」別冊付録カレンダー「365 MOVIES CALENDAR」』で紹介されている一部写真は電子版では掲載されておりません。
    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
    ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

    17歳からの映画案内。
    映画を観始めるのに、早いも遅いもない。
    でも、若いうちに色々観ておくときっといいと思う。
    今回は大人になるまでに観てほしい名作をたくさんご用意。
    気になるあの人の人生に影響を与えた映画、永遠の青春映画、
    KカルチャーにMCU、映画の歴史もかいつまんで。
    映画って本当に学びが多いんだなぁ、とあらためて。
    この夏は映画三昧ってのもありだと思うけど、君はどう?
    これから映画を観る君へ。バリー・ジェンキンス
    アカデミー賞受賞監督に聞く、映画を観るってどういうこと?

    17歳の頃の自分に観せたい映画。
    仲野太賀/ゆりやんレトリィバァ/荘子it/島口大樹/滝沢カレン/井之脇海/福本莉子 他、全14人の映画の話。

    ポパイのユースカルチャー映画新報
    A24のサブスクから、ジェームズ・ガンのポッドキャストまで、
    映画にまつわるユースカルチャーの最新トピックをあれこれ。
    人生で大事なことは映画が教えてくれた。
    宇多丸さんからサンダーキャットまで。
    映画を愛する先輩たちに聞いた、人生を教えてくれた映画たち。

    青春映画スクラップブック
    趣味、部活、バイト、ホームパーティの被害総額……。
    アメリカ映画が描いてきたティーンたちの生態を大研究。
    ENDLESS SUMMER
    青春映画をテーマにしたファッションストーリー。
    そもそも青春って何ですか、ミスターPTA?
    ポール・トーマス・アンダーソン監督に聞いた青春のこと。
    マーク・カズンズと130年の映画の歴史を駆け足で巡ってみた。
    約130年に及ぶ映画の歴史を映画オタクの監督に教えてもらう。

    Y2K映画を探せ!
    三宅唱監督がおすすめする2000年代前半の名画たち。

    Kカルチャーとめくるめく韓国映画

    価格

    730(税込)

    664円 (+消費税66円)

  • 実用 POPEYE(ポパイ) 2022年 7月号 [僕の沖縄地図。 CITY GUIDE in Okinawa]

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
    ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

    どこか遠くの街を歩きたくて、うずうずしていた。
    それで迷いなく僕らが向かったのは沖縄だった。
    南の島が好きな友人は「今こそ行くべき」とアツかった。
    ビーチ? ソーキそば? 頭の中の沖縄地図は白い。
    海は潜った瞬間に水族館状態で、島の北半分は世界自然遺産。
    ステーキ、タコス、南インドカレー。どこで何を食べてもすごく美味だという。
    聞けば聞くほど楽しくて、ぜんぶ本当だったら夢の島。確かめるしかない(笑)。
    そんなわけで、食べて、泳いで作ったポパイの沖縄地図がこの特集です。
    いつもながら、お邪魔しますの気持ちを忘れずに歩いてきました。

    ポパイの沖縄地図
    那覇/北谷/普天間/コザ/民藝/やんばる
    久方ぶりのシティガイドは沖縄で。都会だったりワイルドだったり、とにかく隅々まで歩いてきました。

    やっぱりあの人は、うちなーの人だった。
    黒島結菜、ryuchell、Awichに沖縄の魅力を語ってもらった。

    OKINAWA CULTURE COLUMN
    歩くだけではなかなか知ることができない、沖縄のカルチャーコラム集。

    沖縄の古いものを今にのこす。
    〈visvim〉の中村ヒロキさんが語る、沖縄の古いものの話。

    せっかく泊まるなら、このホテル。
    拠点にすべき4つのホテルをご紹介。

    ビーチレジャーがミーハーだなんて、誰が言ったんだ!
    ホテルに着いたらビーチレジャーを。地元のシティガールに体験してもらったよ。

    EAT UP GUIDE in OKINAWA
    沖縄は、おいしい! ステーキ、沖縄そば、タコス、イラブー汁……1日3食じゃ足りないかも。

    離島に行くならまずは、宮古島で泳いでみないか。
    沖縄の魅力は本島だけにとどまらないのはご存知の通り。離島は別世界だ。

    沖縄好きのマイマップ。
    離島、お酒、植物、釣り……沖縄好きのマイマップ紹介。

    価格

    710(税込)

    645円 (+消費税65円)

  • 実用 POPEYE(ポパイ) 2022年 6月号 [車があれば!]

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
    ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

    A NEW LIFE
    WITH MY CAR.
    人生において“ある“と”ない“とではまったく異なる体験っていくつかあるけど、
    車を持つかどうかというのはまさにそのひとつ。
    自分の手中にあって、いつでだってどこにだって出かけることができる「自由」。
    それこそ新しい世界を手に入れたぐらいの気持ちにはなるはずなんだ。
    大切なのは、本当に自分自身が欲しいと思う車を見つけること。
    この1冊は気になったカーオーナーたちと一緒に「POPEYE CAR CLUB」を作るぐらいの気持ちで編集してみたけど、ページを開いた君はもう会員だ。
    ほかのメンバーたちがどんな車に乗り、どう楽しんでいるのか参考にしてみないか?
    最後の企画は1号限りの会報誌「PCCF」。車のある生活ってほんと最高!

    CONTENTS:
    024
    僕の車。
    まずはいい車とそのオーナーたち、46組をご紹介。
    90年代の国産車、ホットハッチ、EVも。

    048
    FASHION  WASH MY CAR!
    手洗い洗車とテックウェアのススメ。

    054
    はじめて車を買うなら。
    ミュージシャンのカネコアヤノさん&夏目知幸さんと2つの販売店を訪れます。
    車探しから試乗、見積もりなどをドキュメント。

    058
    Let’s Go to Specialty Stores!
    いざ、マイカー探しの旅に出よう!
    「僕にはコレ!」という車が見つかるにこしたことはないけど、難しそう?
    大丈夫、まずは個性ある車を揃える専門店を案内しよう。

    063
    プリウスを買う、という選択肢について考えてみよう。
    写真家・平野太呂さんがプリウスに乗るならどうするのだろう?

    064
    本当に困ったとき、僕には頼れる整備士がいる。
    車を買うということと、身近に車を託せる整備工場があるということはセット。
    ここでは日本屈指の4軒をご紹介。

    066
    好きな車に長く乗るにはどうすればいいですか?
    車を大切にするために、自分でやれることってなんだろう?
    昨年惜しまれながら引退したレジェンド整備士、崎山和雄さんに教えてもらおう!

    価格

    710(税込)

    645円 (+消費税65円)

  • 実用 POPEYE(ポパイ) 2022年 5月号 [TOKYO CITY LIFE]

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
    ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

    たとえば、人形町の『PARKLET』の朝のこんな風景。
    まるで西海岸みたいな東京の新しい場所だ。
    今回、編集部は東京のシティボーイたちがどこで何をして
    楽しんでいるかをこんなふうにウォッチし、あらゆる所で定点観測。
    そこにはヴィンテージパーツで自転車を組んだり、西小山を散歩したり、自然派ワインを飲んでみたり、さまざまなシーンがありました。
    また、SNSを使った大規模アンケート調査や
    海外の東京ガイド本の分析、『アド街』取材などを通して
    意外な東京ライフの一面を明らかにする試みも。
    さあ、東京を観察して、とことん遊ぼう。

    TOKYO CITY LIFE
    シティボーイの東京生活大調査。

    ・TOKYO CITY LIFE
    オルタナティブスペース/自然派ワイン/自転車/アポイントメントオンリー&週末営業/曜日限定間借りレストラン/西小山/蔵前/我が道を行くニューオープン/ハイブリッドなレコード屋/朝から晩までやってる店/クラブ活動とオートテニス/リトルプレスポッドキャスト/ワークショップ/加賀美健
    ・東京は世界一のファッションシティ
    ・最高の休日の過ごし方
    ・実録・シティボーイの東京ライフ24時
    ・あの人のGoogleマップをのぞいてみたら……
    ・海外の洒落た東京ガイドをすみずみ研究
      TOKYOってどう見えているんだろう?
    ・味な店 平野紗季子 season3 開幕スペシャル
    ・『アド街』の現場に”出没“!
    ・コミック TOKYO CITY LIFE

    価格

    710(税込)

    645円 (+消費税65円)

付与コインの内訳

6コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「POPEYE(ポパイ) 2020年 2月号 [STYLE SAMPLE’20]」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報