ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

文芸

妖ファンタスティカ 書下し伝奇ルネサンス・アンソロジー

著者
朝松健
著者
秋山香乃
著者
芦辺拓
著者
彩戸 ゆめ
著者
神野オキナ
著者
蒲原二郎
他4名

あらすじ・内容

歴史小説界に風穴をあけんとする作家集団「操觚(そうこ)の会」による
伝奇時代小説アンソロジー登場!

「夢みる力」を復活させんと、想像力の可能性に挑んだ13編の書下し作品を、ぜひお楽しみあれ!

●巻頭言より

去る三月に本書と同じ「操觚の会」同志諸氏の協力で伝奇時代小説のアンソロジー「伝奇無双」(戯作舎)を電子書籍で上梓したが、その僅か一ケ月後にさらなる伝奇時代小説のアンソロジー「妖ファンタスティカ」をこうして紙媒体で刊行できるのは、伝奇ルネサンスを提唱した者として望外の歓びである。支持して下さった皆様にお礼申し上げる。

伝奇ルネサンスなる言葉に初めて接した方も多いと思うので、まず伝奇ルネサンスとは何かを手短に説明しよう。
伝奇ルネサンスとは一言で言えば作家の想像力を無限大にまで広げんとする企みである。

かつて國枝史郎・角田喜久雄・吉川英治らの働きで伝奇小説は時代小説の代名詞にまでなった。
(中略)
しかし万人がメディアとなり、読書が娯楽の王座を退いた現在、伝奇は過去のコンテンツと化したかにも見える。夢想も荒唐無稽も破天荒も過去の概念と成り果てたかのようだ。いつの間にか作家も読者も「夢見る力」を信じなくなり、想像力の可能性を語ることを躊躇うようになってしまったのだろうか。

否。「夢見る力」は失われたのではない。そこにあるものが見えていないだけなのだ。

伝奇ルネサンスとは「夢見る力」を復活させるための試みである。それは崇拝する者を失って深い眠りに就いた物語の神々を復活させんとする十九世紀の魔術結社「黄金の夜明け」団の儀式にも似ている。
その意味で伝奇ルネサンスを「魔術」と呼んでもいいだろう。奇しくも本アンソロジーの参加作家は十三名。中世ヨーロッパで魔女集会に集った者たちの数である。

されば宣言しよう。
ここに伝奇は甦り「夢見る力」はこれより大なる復活を遂げん、と。

電子書籍 最新刊
価格

1,870(税込)

1,700円 (+消費税170円)

付与コイン
17(*詳細)

作品情報

シリーズ
妖ファンタスティカ 書下し伝奇ルネサンス・アンソロジー
著者
レーベル
ナイトランド・クォータリー(別冊)
出版社
書苑新社
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
492
配信開始日
2020/4/1
底本発行日
2019/5/18
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

文芸 妖ファンタスティカ2 書下し伝奇ルネサンス・アンソロジー

著者: 秋山香乃

「夢みる力」を復活させんと、想像力の可能性に挑んだ11編の書下し作品!
人気作家から若手まで、珠玉の作品がここに!

価格

1,500(税込)

1,364円 (+消費税136円)

「妖ファンタスティカ 書下し伝奇ルネサンス・アンソロジー」シリーズ作品一覧(全2冊)

1,500円〜1,870(税込)

  • 文芸 妖ファンタスティカ 書下し伝奇ルネサンス・アンソロジー

    「夢みる力」を復活させんと、想像力の可能性に挑んだ13編の書下し作品を、ぜひお楽しみあれ!

    ●巻頭言より

    去る三月に本書と同じ「操觚の会」同志諸氏の協力で伝奇時代小説のアンソロジー「伝奇無双」(戯作舎)を電子書籍で上梓したが、その僅か一ケ月後にさらなる伝奇時代小説のアンソロジー「妖ファンタスティカ」をこうして紙媒体で刊行できるのは、伝奇ルネサンスを提唱した者として望外の歓びである。支持して下さった皆様にお礼申し上げる。

    伝奇ルネサンスなる言葉に初めて接した方も多いと思うので、まず伝奇ルネサンスとは何かを手短に説明しよう。
    伝奇ルネサンスとは一言で言えば作家の想像力を無限大にまで広げんとする企みである。

    かつて國枝史郎・角田喜久雄・吉川英治らの働きで伝奇小説は時代小説の代名詞にまでなった。
    (中略)
    しかし万人がメディアとなり、読書が娯楽の王座を退いた現在、伝奇は過去のコンテンツと化したかにも見える。夢想も荒唐無稽も破天荒も過去の概念と成り果てたかのようだ。いつの間にか作家も読者も「夢見る力」を信じなくなり、想像力の可能性を語ることを躊躇うようになってしまったのだろうか。

    否。「夢見る力」は失われたのではない。そこにあるものが見えていないだけなのだ。

    伝奇ルネサンスとは「夢見る力」を復活させるための試みである。それは崇拝する者を失って深い眠りに就いた物語の神々を復活させんとする十九世紀の魔術結社「黄金の夜明け」団の儀式にも似ている。
    その意味で伝奇ルネサンスを「魔術」と呼んでもいいだろう。奇しくも本アンソロジーの参加作家は十三名。中世ヨーロッパで魔女集会に集った者たちの数である。

    されば宣言しよう。
    ここに伝奇は甦り「夢見る力」はこれより大なる復活を遂げん、と。

    価格

    1,870(税込)

    1,700円 (+消費税170円)

  • 文芸 妖ファンタスティカ2 書下し伝奇ルネサンス・アンソロジー

    「夢みる力」を復活させんと、想像力の可能性に挑んだ11編の書下し作品!
    人気作家から若手まで、珠玉の作品がここに!

    価格

    1,500(税込)

    1,364円 (+消費税136円)

付与コインの内訳

17コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「妖ファンタスティカ 書下し伝奇ルネサンス・アンソロジー」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報