ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

WHO NOT HOW 「どうやるか」ではなく「誰とやるか」

あらすじ・内容

いま、あなたに求められているのは、
「任せる勇気」と「頼られる力」。
1億超PV!学者ブロガーと指導実績2万人超!一流コーチの初共作!
組織と個人のポテンシャルを最大限引き出す、現代型リーダーの思考法


「どうやるか=HOW」ではなく「誰とやるか=WHO」の視点は、現代型リーダーとして成功するための最も基本的で最も大切な思考法である。

確実に目標を達成させたいなら、「どうしたらよいか」を考えるのではなく「人の力を借りること」に焦点を当てよ!

目標を達成したいと考えたとき、条件反射的に「どうしたらよいか」を考えてはいないだろうか? 会社でも学校でも、チームで取り組む場面も多々あるはずなのに、チームであることで何ができたか、よりも個人として何をやったかに気が向きがちな私たちに、本書は視点を変えるための有益な示唆を与えてくれる。

〈こんな人にオススメ〉
・目標を達成しようとするとき、すべて自分ひとりで抱え込んでしまう。
・孤軍奮闘型。効率が良くない。多忙で疲弊する。
・本来自分がやるべきことがおろそかになる。
・確実に目標を達成し、キャリアアップしたい
・起業したい
・成功したい

〈本書を読むと・・・〉
・自分一人で抱え込まず、誰かに頼る、相談する習慣がつく。
・適任者を探し、助けてもらう体制を作れるようになる。
・効率良く、目標達成できる。
・自分が本当にやりたかったことが定まり、それに時間を割けるようになる。
・人間関係が広がる
・成功への近道が分かり、お金も時間も自由になる。

〈目次〉
はじめに
Who Not Howとは?なぜそれが重要なのか?
PART1 時間の自由
1. 「Who」は富や自己展開をもたらす
2. 先延ばしの真実とやめる方法
3. 人生のあらゆる場面において
「Who」を見つけよう
PART2 お金の自由
4. 時が金をつくり出す
5. 具体的な結果にコミットする
6. 問題解決のための資金があれば、問題は無いも同然
PART3 人間関係の自由
7. 周囲の人間にとって良い「Who」になるには
8. どんなに魅力的でも、間違った「Who」は避ける
9. 効果的なコラボレーションを生み出すには
PART4 目標の自由
10. 競うのをやめて協力しよう
11. 「Who」はあなたの未来像や目標をより大きなものにする
おわりに

電子書籍
価格

1,760(税込)

1,600円 (+消費税160円)

付与コイン
16(*詳細)

作品情報

シリーズ
WHO NOT HOW 「どうやるか」ではなく「誰とやるか」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
著者
レーベル
――
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
カテゴリ
実用
ページ概数
267
配信開始日
2022/5/27
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

「WHO NOT HOW 「どうやるか」ではなく「誰とやるか」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」シリーズ作品一覧(全1冊)

1,760(税込)

  • 実用 WHO NOT HOW 「どうやるか」ではなく「誰とやるか」

    いま、あなたに求められているのは、
    「任せる勇気」と「頼られる力」。
    1億超PV!学者ブロガーと指導実績2万人超!一流コーチの初共作!
    組織と個人のポテンシャルを最大限引き出す、現代型リーダーの思考法


    「どうやるか=HOW」ではなく「誰とやるか=WHO」の視点は、現代型リーダーとして成功するための最も基本的で最も大切な思考法である。

    確実に目標を達成させたいなら、「どうしたらよいか」を考えるのではなく「人の力を借りること」に焦点を当てよ!

    目標を達成したいと考えたとき、条件反射的に「どうしたらよいか」を考えてはいないだろうか? 会社でも学校でも、チームで取り組む場面も多々あるはずなのに、チームであることで何ができたか、よりも個人として何をやったかに気が向きがちな私たちに、本書は視点を変えるための有益な示唆を与えてくれる。

    〈こんな人にオススメ〉
    ・目標を達成しようとするとき、すべて自分ひとりで抱え込んでしまう。
    ・孤軍奮闘型。効率が良くない。多忙で疲弊する。
    ・本来自分がやるべきことがおろそかになる。
    ・確実に目標を達成し、キャリアアップしたい
    ・起業したい
    ・成功したい

    〈本書を読むと・・・〉
    ・自分一人で抱え込まず、誰かに頼る、相談する習慣がつく。
    ・適任者を探し、助けてもらう体制を作れるようになる。
    ・効率良く、目標達成できる。
    ・自分が本当にやりたかったことが定まり、それに時間を割けるようになる。
    ・人間関係が広がる
    ・成功への近道が分かり、お金も時間も自由になる。

    〈目次〉
    はじめに
    Who Not Howとは?なぜそれが重要なのか?
    PART1 時間の自由
    1. 「Who」は富や自己展開をもたらす
    2. 先延ばしの真実とやめる方法
    3. 人生のあらゆる場面において
    「Who」を見つけよう
    PART2 お金の自由
    4. 時が金をつくり出す
    5. 具体的な結果にコミットする
    6. 問題解決のための資金があれば、問題は無いも同然
    PART3 人間関係の自由
    7. 周囲の人間にとって良い「Who」になるには
    8. どんなに魅力的でも、間違った「Who」は避ける
    9. 効果的なコラボレーションを生み出すには
    PART4 目標の自由
    10. 競うのをやめて協力しよう
    11. 「Who」はあなたの未来像や目標をより大きなものにする
    おわりに

    価格

    1,760(税込)

    1,600円 (+消費税160円)

付与コインの内訳

16コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「WHO NOT HOW 「どうやるか」ではなく「誰とやるか」」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報