ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

鉄道ファン2019年5月号

あらすじ・内容

新年度を前に,にわかに新車両の話題が多くなってきました.まず,表紙を飾る西武期待の新形特急001系「Laview(ラビュー)」について,新車ガイドと乗車インプレッションを収録,大きな車窓から,沿線の新たな展望が得られることでしょう.また,JR西日本の「Aシート」,関東鉄道のキハ5020形のほか,JR北海道のキハ261系5000番台など,イラストで多数の車両をご案内いたします.3月16日ダイヤ改正で新開業する「おおさか東線」の試乗記も見どころです.巻頭では「東京の地下鉄 全ガイド」と題して,東京メトロと東京都交通局の2路線を特集しました.丸ノ内線,大江戸線にはこの春から新しい顔がお目見えしたほか,現在活躍する車両すべてについて解説を加え,とくに平成年間のできごとについては年表も添えました.「地下鉄事典」として活用できる保存版です.さらに,まもなく全線開業する三陸鉄道(リアス線),先に報道試乗会が実施された「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」のこと,阪急3000・3100系の話題,好評の連載は「新生 Osaka Metroガイド」をはじめ「国鉄・JR転換線」と「プレイバック展望館」を収録.今月も多数の,全国の鉄道情報をお届けいたします.

電子書籍
価格

916(税込)

833円 (+消費税83円)

付与コイン
8(*詳細)

作品情報

シリーズ
鉄道ファン
著者
レーベル
――
出版社
交友社
カテゴリ
実用
ページ概数
180
配信開始日
2019/3/20
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 鉄道ファン2022年7月号

著者: 鉄道ファン編集部

JR旅客会社の車両配置表を付録とした「JR車両ファイル」特集を今年もお届けいたします.この1年間(おもに2021年度)に生じたJR事情をここでまとめてご紹介いたしましょう.特集は70ページ余りにおよび,JRに関する話題を多数集めた誌面といたしました.車両ファンならずともご覧いただける資料価値満載の内容展開です.また乗車インプレッションでは,改造車でありながら豪華仕様の近鉄19200系「あをによし」をピックアップ.運転開始が待ち遠しい都営三田線の6500形も新車ガイドで取り上げました.好評の連載「プレイバック・展望館」はひたちなか海浜鉄道の現代編を,また,長らく続いた「30年前の鉄道風景」は今回の土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線をもって最終回を迎えることになりました.

価格

916(税込)

833円 (+消費税83円)

「鉄道ファン」シリーズ作品一覧(全64冊)

916(税込)

  • 実用 鉄道ファン2022年7月号

    JR旅客会社の車両配置表を付録とした「JR車両ファイル」特集を今年もお届けいたします.この1年間(おもに2021年度)に生じたJR事情をここでまとめてご紹介いたしましょう.特集は70ページ余りにおよび,JRに関する話題を多数集めた誌面といたしました.車両ファンならずともご覧いただける資料価値満載の内容展開です.また乗車インプレッションでは,改造車でありながら豪華仕様の近鉄19200系「あをによし」をピックアップ.運転開始が待ち遠しい都営三田線の6500形も新車ガイドで取り上げました.好評の連載「プレイバック・展望館」はひたちなか海浜鉄道の現代編を,また,長らく続いた「30年前の鉄道風景」は今回の土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線をもって最終回を迎えることになりました.

    価格

    916(税込)

    833円 (+消費税83円)

  • 実用 鉄道ファン2022年6月号

    いよいよ西九州新幹線“かもめ”用N700Sがお目見えしました.巻頭ではまず,3月半ばに公開された当車の姿をご覧いただきましょう.運転開始は9月23日,その時が待ち遠しいです.続いて50周年を迎えた寝台特急“瀬戸”の特集で,これほど永らえる列車(しかも夜行)も今では珍しく,ダイヤや車両を含め,改変こそ多くはありませんが,半世紀に及ぶ歴史は特筆に値します.懐かしい宇高連絡船,ホーバークラフトの情景もご覧いただけます.また,3月12日に行なわれたダイヤ改正の模様ですが,今年は民鉄にも大きな動きが生じ,JR以上に関心が集まりましたので,民鉄の改正記事も別掲載いたしました.さらに乗車インプレッションで取り上げた新しい「伊予灘ものがたり」にも注目です.JR四国ではキハ185系改造車による観光列車の充実が図られていますが,最新の車両はどんな印象でしょうか.そのほか,旧梅田貨物駅跡地「うめきた」のこと,キハ283系やJR東海近郊形の話題など,全国から新旧の情報を集め,6月号も見どころを満載してお届けいたします.

    価格

    916(税込)

    833円 (+消費税83円)

  • 実用 鉄道ファン2022年5月号

    巻頭特集は 形式記号「ヤ・エ・ル」と仲間たちのパート2として,先月号に引き続き事業用車をご案内いたします.今回は国鉄時代に籍を置き,基本的にJRには継承されなかったグループ,「知られざる縁の下の力持ち」を集めてみました.保健車,工作車という種類の車両を眺めていると,道路や自動車が未発達で,鉄道こそが移動の中心であった時代が想起されます.続く新車ガイドでは,来春延伸開業する福岡市交七隈線に向けて登場した3000A系をピックアップ,博多駅に直結する新路線とともに注目してみましょう.また,水素をエネルギー源とする燃料電池ハイブリッド試験車「HYBARI(ひばり)」と都営三田線の8連化に向けた待望の新形式6500形の速報,会津田島に乗り入れた“SL大樹”など最新の話題のほか,残りわずかとなった東急8500系のこと,旧時代を懐かしむ蒸機の連載「忘れ得ぬ鉄道情景」といったさまざまな項目を5月号でも取りそろえました.

    価格

    916(税込)

    833円 (+消費税83円)

  • 実用 鉄道ファン2022年4月号

    巻頭特集のテーマは形式記号「ヤ・エ・ル」を付けた事業用車.おなじみの「マヤ検」から,記号の付かないDEC741形までを含め,現役車とJRに籍を置いた形式を総覧いたします.続く新車ガイドでは東急乗入れ用の相鉄21000系を,CARINFOでは1月末に行なわれた品川駅構内での有料撮影会の模様や,東急8500系残存車の勢ぞろいシーンのほか,福岡市交七隈線用3000A系を速報いたします.また,好評の連載「国鉄・JR転換線探訪」ではDMVが走り始めた阿佐海岸鉄道の新旧情報を,シリーズ知見乗写では,京王線で主軸として活躍中の8000系を取り上げました.民鉄の話題としては,もはや残りわずかとなった小田急1000形ワイドドア車の履歴を追ってみたいと思います.その他,機関車へのヘッドマーク取付け方を探る記事や,北陸新幹線敦賀開業を控えて福井県の鉄道を再見するルポなど,4月号も盛りだくさんの内容でお届けいたします.

    価格

    916(税込)

    833円 (+消費税83円)

  • 実用 鉄道ファン2022年3月号

    巻頭特集は「N700系ファミリ-」と題し,東海道・山陽・九州新幹線でおなじみの,国内でもっとも大きな勢力を誇る車両群を取り上げます.また,年初には海を渡る西九州新幹線の姿が話題になりましたが,この“かもめ”用N700Sについても新車速報でお知らせいたしましょう.特集に続く新車ガイドではJR西日本の事業用車DEC741形を掲載,屋上に多数搭載されたカメラの正体をここで再確認してください.また,3月ダイヤ改正の概要も改めて確認しておきたいと思います.さらに京都鉄道博物館の103系特別展示,幕張メッセで行なわれた鉄道技術展の模様や,国鉄形との出会いを求めた伯備線のルポ,ちなみに今回は,人気の連載「プレイバック展望館」でも伯備線を眺める内容です.ほかにも205系の今をとらえた「やっぱり205系が好き」,いにしえの施設を解説した「日本の鉄道遺産」など新旧の話題を集めた3月号を,どうぞお楽しみください.

    価格

    916(税込)

    833円 (+消費税83円)

付与コインの内訳

8コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「鉄道ファン2019年5月号」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報