ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

文芸

ホワイトルーキーズ 2

佐竹アキノリ
イラスト
ふすい

あらすじ・内容

現役医師が書くコロナ禍の医療現場に大絶賛!「他人の不幸で金儲けして…」。暴言暴力も緊急オペも超リアルな青春物語第2弾!

北海道の『空知総合病院』で働く研修医四人は、研修開始から三か月がたち、

本格的な夏を迎えようとしていた。

少しずつ医療現場に慣れつつある彼らであったが、新たな科に配属になるや否や、

超緊急帝王切開が必要な妊婦が救急搬送されてくる。

母子に命の危機が迫る中、産婦人科医や小児科医たちが

必死で母子を救おうとするのに対し、研修医の清水涼子は

なすすべもなく立ち尽くすばかり。

彼女はなにもできない無力さを痛感し、病院という場所で働く重責を再認識する。

やがて清水は様々な患者の姿を目の当たりにして、母親と父親、

そして子、家庭の在り方について考え始める。

自分の家族関係と重ね合わせながら。

小児科に配属された風見司もまた、初日から厳しい出産に立ち会って

自分の未熟さに打ちひしがれていた。

末っ子の彼は子供にどう対応していいのかわからず、

四苦八苦していたが、次第に診察を通して子供に向き合っていく。

朝倉雄介は高齢者医療に携わる中、祖母と暮らしていた頃を思い出し、

貧しかった昔と、医師として歩み始めた今の自分を見つめ直していた。

そんな折、高齢の女性患者の脱走に出くわしてしまう。

彼女が向かった場所は――。

沢井詩織は人付き合いが苦手ながらも、近頃は患者との対話にも慣れつつあった。

しかし一人で回診していたある日、患者とのトラブルに巻き込まれてしまう。

そして夏が終わりに向かうにつれて北海道でも新型コロナウイルス感染症が流行し、

ついに空知総合病院でも感染者が確認された。

研修医たちもコロナ禍で働くということを実感せずにはいられなかった。

四人は医師として成長しながら、自分たちの未来の道を探し始める。

空知のまばゆい日差しの中で。

電子書籍 最新刊
価格

1,540(税込)

1,400円 (+消費税140円)

付与コイン
14(*詳細)

作品情報

シリーズ
ホワイトルーキーズ(主婦の友社)
著者
レーベル
――
出版社
主婦の友社
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
250
配信開始日
2022/5/23
底本発行日
2022/6/20
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

「ホワイトルーキーズ(主婦の友社)」シリーズ作品一覧(全2冊)

1,540(税込)

  • 文芸 ホワイトルーキーズ

    北海道の片田舎にある空知総合病院に四人の研修医が赴任してきた。

    賑やかな同期と順調な新生活の始まりかと思いきや、

    彼らはワケありでそれぞれ悩みを抱えていた。

    風見司は工学部の大学院を修了後、医学部に編入した経歴の持ち主であり、

    病院という環境に慣れずにいた。

    さらに初日から心肺停止の患者に出くわし、医療現場の厳しさに打ちのめされる。

    沢井詩織は都内私立医学大学の医学部を卒業後、実家の医院があるこの地方に戻ってきたが、

    医師になってから見える景色は違っていた。さらに沢井が幼い頃から父の医院に通っていた

    患者を担当することになった。

    だが、なかなか医師として認めてはくれず、沢井は意固地になって対応するのだが……。

    朝倉雄介は貧しい母子家庭に生まれ、生活苦の中で医師を目指したが、

    思い描いていた生活とのギャップにうんざりしていた。

    湯水のように医療費が使われる高齢者医療の意味を見いだせずに、

    くすぶっていた彼だが……。

    清水涼子はかつて祖父母の主治医であったベテラン医師と出会うが、

    患者の家族として見えた姿と、同じ病院で働く医師として見る今の姿は違っていた。

    医療現場の過酷な労働環境や医療でできることの限界を目の当たりにするにつれて、

    彼女は自分の目指す医師像について悩み始める。

    新米研修医の同期四人は失敗と成長、喜びを分かち合いながら院内を奔走する。

    二年後に医師として独り立ちすることを夢見て、空知の青空に希望を乗せて……。

    価格

    1,540(税込)

    1,400円 (+消費税140円)

  • 文芸 ホワイトルーキーズ 2

    北海道の『空知総合病院』で働く研修医四人は、研修開始から三か月がたち、

    本格的な夏を迎えようとしていた。

    少しずつ医療現場に慣れつつある彼らであったが、新たな科に配属になるや否や、

    超緊急帝王切開が必要な妊婦が救急搬送されてくる。

    母子に命の危機が迫る中、産婦人科医や小児科医たちが

    必死で母子を救おうとするのに対し、研修医の清水涼子は

    なすすべもなく立ち尽くすばかり。

    彼女はなにもできない無力さを痛感し、病院という場所で働く重責を再認識する。

    やがて清水は様々な患者の姿を目の当たりにして、母親と父親、

    そして子、家庭の在り方について考え始める。

    自分の家族関係と重ね合わせながら。

    小児科に配属された風見司もまた、初日から厳しい出産に立ち会って

    自分の未熟さに打ちひしがれていた。

    末っ子の彼は子供にどう対応していいのかわからず、

    四苦八苦していたが、次第に診察を通して子供に向き合っていく。

    朝倉雄介は高齢者医療に携わる中、祖母と暮らしていた頃を思い出し、

    貧しかった昔と、医師として歩み始めた今の自分を見つめ直していた。

    そんな折、高齢の女性患者の脱走に出くわしてしまう。

    彼女が向かった場所は――。

    沢井詩織は人付き合いが苦手ながらも、近頃は患者との対話にも慣れつつあった。

    しかし一人で回診していたある日、患者とのトラブルに巻き込まれてしまう。

    そして夏が終わりに向かうにつれて北海道でも新型コロナウイルス感染症が流行し、

    ついに空知総合病院でも感染者が確認された。

    研修医たちもコロナ禍で働くということを実感せずにはいられなかった。

    四人は医師として成長しながら、自分たちの未来の道を探し始める。

    空知のまばゆい日差しの中で。

    価格

    1,540(税込)

    1,400円 (+消費税140円)

付与コインの内訳

14コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「ホワイトルーキーズ 2」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報