ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

さらに悩ましい国語辞典

著者
神永 曉

あらすじ・内容

「了解」「了承」「承知」の違いは? 「東日本」と「西日本」の境はどこ?

「了解」「了承」「承知」の違いは? 「辞典」と「辞書」はどう違う? 「猫なで声」って誰の声? 「東日本」と「西日本」の境はどこにある? 読み方や表記・意味など、曖昧なままで使っていることば。その歴史を見据えながら、どのような変遷を経ていまの使われ方になったのかを解明。辞書編集者を悩ませてきた、時代と共に変化することばの不思議に迫る、さらに蘊蓄満載のエッセイ。ロングセラー『悩ましい国語辞典』の待望の姉妹編。

電子書籍 最新刊 めがイラスト
価格

1,232(税込)

1,120円 (+消費税112円)

付与コイン
11(*詳細)

作品情報

シリーズ
悩ましい国語辞典(角川ソフィア文庫)
著者
レーベル
角川ソフィア文庫
出版社
KADOKAWA
カテゴリ
実用
ページ概数
426
配信開始日
2020/12/24
底本発行日
2020/12/25
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

「悩ましい国語辞典(角川ソフィア文庫)」シリーズ作品一覧(全2冊)

1,188円〜1,232(税込)

  • 実用 悩ましい国語辞典

    辞書編集37年の立場から、言葉が生きていることを実証的に解説。意外だが、江戸時代にも使われた「まじ」。「お父さん・お母さん」は、江戸後期に関西で使われていたが、明治の国定読本で一気に全国に。「がっつり」「ざっくり」「真逆」は最近使われ出した新しい言葉……。思いがけない形で時代と共に変化する言葉を、どの時点で切り取り記述するかが腕の見せ所。編集者を悩ませる日本語の不思議に迫る、蘊蓄満載のエッセイ。

    価格

    1,188(税込)

    1,080円 (+消費税108円)

  • 実用 さらに悩ましい国語辞典

    「了解」「了承」「承知」の違いは? 「辞典」と「辞書」はどう違う? 「猫なで声」って誰の声? 「東日本」と「西日本」の境はどこにある? 読み方や表記・意味など、曖昧なままで使っていることば。その歴史を見据えながら、どのような変遷を経ていまの使われ方になったのかを解明。辞書編集者を悩ませてきた、時代と共に変化することばの不思議に迫る、さらに蘊蓄満載のエッセイ。ロングセラー『悩ましい国語辞典』の待望の姉妹編。

    価格

    1,232(税込)

    1,120円 (+消費税112円)

付与コインの内訳

11コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「さらに悩ましい国語辞典」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報