セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

配達される女(御茶ノ水警察シリーズ)

配達される女(御茶ノ水警察シリーズ)-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
逢坂剛
ジャンル
文芸
レーベル
集英社文庫
シリーズ
御茶ノ水警察シリーズ
出版社名
集英社
配信開始日
2015年11月20日
ページ概数
364 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

御茶ノ水署・生活安全課保安二係の斉木係長とヒラ刑事の梢田は、飲食店視察の名目でタダ酒にありつくような、お調子者コンビ。そんな二人のもとに、堅物刑事・五本松小百合が配属される。女で、しかも階級が上の後輩に頭が上がらない梢田。一方、斉木は町で見かけた、派手な厚化粧の女に恋心を募らせていくが――。お茶の水界隈で繰り広げられる、恋と事件の大迷走。人気ミステリシリーズ第2弾。

御茶ノ水警察シリーズ ( 5 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
しのびよる月(御茶ノ水警察シリーズ...

550円(+税)

逢坂剛

集英社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
配達される女(御茶ノ水警察シリーズ...

550円(+税)

逢坂剛

集英社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
恩はあだで返せ(御茶ノ水警察シリー...

550円(+税)

逢坂剛

集英社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
おれたちの街(御茶ノ水警察シリーズ...

550円(+税)

逢坂剛

集英社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
大迷走(御茶ノ水警察シリーズ)

650円(+税)

逢坂剛

集英社文庫

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
裏切りの日日(百舌シリーズ)

450円(+税)

逢坂剛

集英社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
空白の研究

550円(+税)

逢坂剛

集英社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
イベリアの雷鳴

952円(+税)

逢坂剛

講談社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
北門の狼 重蔵始末(六)蝦夷篇

905円(+税)

逢坂剛

講談社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
暗い国境線(上)

690円(+税)

逢坂剛

講談社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
じぶくり伝兵衛 重蔵始末(二)

629円(+税)

逢坂剛

講談社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
さまよえる脳髄

550円(+税)

逢坂剛

集英社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
暗殺者の森(下)

660円(+税)

逢坂剛

講談社文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
配達される女(御茶ノ水警察シリーズ...

550円(+税)

逢坂剛

集英社文庫

コインUPキャンペーン対象商品
価格
550円 (+税)
594円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら164コイン(※)
5 + 159コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
250 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです