セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

ブックマートの金狼

ブックマートの金狼-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

読書ノート、「読み終えた後は」画面、「読書情報」画面で評価をつけることができます。

著者
杉井光
イラスト
片岡人生
イラスト
近藤一馬
ジャンル
文芸
男性向け
レーベル
NOVEL 0
シリーズ
ブックマートの金狼(NOVEL 0)
出版社名
KADOKAWA / メディアファクトリー
配信開始日
2016年02月15日
ページ概数
232 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

元トラブルシューターの書店店長が裏社会の問題に挑む――

東京・新宿のど真ん中に位置する『くじら堂書店』店長を務める男・宮内直人はかつて伝説的チームを率い、裏社会にまで名を轟かせた元トラブルシューターだった。そんな彼の元に、久々の《トラブル》が舞い込み……?

(C)Hikaru Sugii 2016

おすすめコメント

書店員オススメの"書店員"

物語の主人公はとある書店の店長。人手不足に悩み、万引き犯をゴキブリより憎み、プライベートで別の書店に行ったらまず品揃えと陳列をチェックしてしまう、そんなどこにでもいる書店員です。
しかし裏の顔は昔伝説級の強さを誇り、様々なトラブルを解決するなんでも屋を営んでいた過去を持つ、恐らくあまり存在しないタイプの書店員でした。

そんな彼のもとに過去を知る人物から、アイドルのストーカー事件解決の依頼をされ渋々引き受けることに。
調べていく過程で浮かび上がる新たな謎や手がかりと、襲いかかる敵の魔の手。
ミステリー要素も含まれたハードボイルドな中身に、リアル過ぎる書店員あるあるや心理も描かれた、色んな意味で"書店員"オススメの一冊です!

これもおすすめ! ( / )

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
さよならピアノソナタ 2マンガ

570円(+税)

赤坂アカ/杉井光/植田亮

電撃コミックス

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
ウサギツキ双魔鏡ライトノベル

580円(+税)

樋口司/杉井光/宇佐義大/三輪士郎

MF文庫J

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
  • 完結
神様のメモ帳4ライトノベル

610円(+税)

杉井光/岸田メル

電撃文庫

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
  • 完結
神様のメモ帳8ライトノベル

570円(+税)

杉井光/岸田メル

電撃文庫

NEW!

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
天竜牌(1)マンガ

500円(+税)

杉井光/松井勝法

マンガボックス

NEW!

オトク!!

ライトノベル

  • Check!
  • カートに入れる
【30%OFF】生徒会探偵キリカ【...ライトノベル

2100円(+税) (01/20まで)

杉井光/ぽんかん(8)

講談社ラノベ文庫

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
楽聖少女ライトノベル

610円(+税)

杉井光/岸田メル

電撃文庫

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
楽聖少女4ライトノベル

570円(+税)

杉井光/岸田メル

電撃文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ブックマートの金狼

700円(+税)

杉井光/片岡人生/近藤一馬

NOVEL 0

価格
700円 (+税)
756円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:7コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
400 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです