デスゲーム漫画おすすめ11選&人気ランキング 頭脳戦、心理戦…若者たちを襲う極限のサバイバルゲーム | ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER
デスゲーム漫画おすすめ11選&人気ランキング 頭脳戦、心理戦…若者たちを襲う極限のサバイバルゲーム

デスゲーム漫画おすすめ11選&人気ランキング 頭脳戦、心理戦…若者たちを襲う極限のサバイバルゲーム

閉鎖的な環境に閉じ込められた登場人物たちが、不条理なルールが支配するゲームのなかで駆け引きを繰り広げ、勝ち残りを目指す。「デスゲーム」を題材にした漫画には文字通り生死をかけた壮絶なサバイバルストーリーが描かれます。極限状況におかれ迫られる決断、試される絆や愛のドラマは怖いもの見たさを満たしてくれるもの。「非日常」の刺激あふれるおすすめをご紹介します。

【デスゲームとは?】知っておきたいポイント

ひとくちに「デスゲーム」と言ってもさまざまですが、基本的な設定にはある程度の共通したポイントがあります。

■「デスゲーム」の特徴
登場人物たちが挑むゲーム的なサバイバルは危険なものが大半で、脱落時には死を迎えてしまうことも……。命を落とさずとも、肉体的または精神的、社会的に大きなペナルティを負わされる展開も多く、グロテスクな描写や残酷な表現がよく見られるのが特徴です。

■「デスゲーム」の要素
要素としてよく見られるものには“登場人物は突如として「デスゲーム」に巻き込まれる”“冒頭にルールが説明され、否応なしに始まる”“閉鎖または隔離された空間が舞台となる”“主催者や黒幕が存在し、時としてその打倒が目標になる”などが挙げられます。

デスゲームマンガ(漫画)の定番、注目作からおすすめ5選

突如として始まるデスゲーム。体を張ったぶつかり合いから先を読み合う頭脳戦まで、登場人物たちの命を賭けたサバイバルは、血湧き肉躍るような非日常の興奮をもたらしてくれます。
まずはその醍醐味を感じられる、定番や注目作をご紹介します。

恋愛、サバイバル、生き残りをかけたデスゲームマンガ(漫画)2選

逃げ場のない状況下、理不尽なデスゲームに置かれた登場人物たちの間には、平時とは比べ物にならないほど露骨な人間関係が見え隠れします。友情で手を取り合ったり、愛情から尽くしたり、他人を蹴落とす本性が出てきたり……。サバイバルが浮き彫りにする人間ドラマにも注目のおすすめをご紹介します。

学校が舞台、生徒たちが主人公のデスゲーム漫画

平凡な日常から、ある日突然デスゲームへと巻き込まれたとき、はたして人はどうするのか。社会の縮図である学校、そしてそこで学ぶ生徒たちは、登場人物としてうってつけです。見知った顔同士だからこそ生まれる人間ドラマも魅力的なおすすめをご紹介します。

頭脳戦、心理戦が魅力のデスゲームマンガ(漫画)

生死の淵に立たされるデスゲーム。極限の状況下、お互いを読み合う頭脳戦やギリギリの駆け引きを繰り広げる心理戦は、そのシチュエーションも相まって他にはないドキドキとハラハラをもたらしてくれます。頭を研ぎ澄ませる登場人物の策士ぶりが爽快なおすすめをご紹介します。

最凶の敵との戦いが熱いデスゲームマンガ(漫画)

デスゲームといえば、殺戮マシーンと化したサイコパス的な敵やそれを仕掛けた最凶の主催者・黒幕を相手にした戦いも大きな見どころ。登場人物たちの決死の振る舞いにドラマが生まれる、手に汗握る展開が待ち受けるおすすめをご紹介します。

アウトギリギリ!?欲望が渦巻く学園デスゲームマンガ(漫画)

死と隣り合わせのデスゲームでは、人間の本能的な部分もあらわになるもの。生き残るためになりふり構わない行動に走ってしまったり、あられもない姿を見せてしまったり……。人間の業の深さが明らかになる、過激な描写で注目を浴びた作品をご紹介します。苦手な人はご注意を…

【最新】サスペンス(文芸・小説、マンガ)ランキング

1
著:
広江礼威
サンデーGXコミックス
小学館
2017/12/14 (木) 配信開始
4.8

「ブラック・ラグーン(8)」感想・レビュー

  • ずきん

    32

    ネタバレ再読。アニメは観ない。灰色狐を追う猟犬ロベルタ。もう話がクランシーとデミルが絡み合ったとこにウィンズロウが因縁つけて、タランティーノが通りすがるみたいなことになってるよ!!!ロベルタはデスペラードのエルマリアッチみたいだし、陰謀と謀略のステージで全員が踊りまくる、とにもかくにもサイコーに熱い巻!誰もが「ひとでなしの、クソ野郎」でカッコいい!ロベルタとFENアルベルトの攻防はタンゴのようにエロく、レゲトンのようにズドンとくる。でもね、全部ロットンに持っていかれたーwそしてとうとうバラライカ姐さんが参戦だ!!

    2017/12/04

2
著:
広江礼威
サンデーGXコミックス
小学館
2017/12/14 (木) 配信開始
4.8

「ブラック・ラグーン(7)」感想・レビュー

  • ソラ

    35

    張の存在感というかカッコいいな。そして、ロックとレヴィの関係性も良いなぁ。レヴィがかなりマイルドというか丸くなったなぁと

    2014/11/16

3
著:
広江礼威
サンデーGXコミックス
小学館
2017/12/14 (木) 配信開始
4.8

「ブラック・ラグーン(6)」感想・レビュー

  • ソラ

    31

    エダが出てくる回はちょっとコメディ的な要素も入って来るから個人的には好きな話。そして、またロベルタさんが…

    2014/11/09

4
著:
広江礼威
サンデーGXコミックス
小学館
2017/12/14 (木) 配信開始
4.7

「ブラック・ラグーン(5)」感想・レビュー

  • 鱒子

    39

    日本編終了。バラライカとロックの指紋がついた銃、どうなっちゃうんでしょう。なにかの伏線には、今のところ見えないですね。 おまけ漫画は、本場のどつき漫才 メリケンサック付き(^◇^;) そして、巻末に銃器解説スペシャル収録。

    2017/11/17

5
著:
広江礼威
サンデーGXコミックス
小学館
2017/12/14 (木) 配信開始
4.8

「ブラック・ラグーン(4)」感想・レビュー

  • 海猫

    47

    日本編は土地柄のせいかウェットな味わいが出ていて実録もののヤクザ映画を思わせるアクション場面がまた良い感じだ。

    2011/08/01

10
文芸

高校事変 II

松岡圭祐

11
マンガ 完結

結界師(16)

田辺イエロウ

12
マンガ 完結

結界師(15)

田辺イエロウ

13
マンガ 完結

結界師(14)

田辺イエロウ

14
マンガ 完結

今際の国のアリス(2)

麻生羽呂

15
マンガ 完結

今際の国のアリス(1)

麻生羽呂

19
文芸

マルチの子

西尾潤

【セール・期間限定価格】ミステリー・推理・サスペンス(文芸・小説、漫画)

セール・期間限定価格のミステリー・推理・サスペンス、(文芸・小説、マンガ)で試してみよう!
今なら、新規会員登録【初回購入】に限り、【合計購入金額(税抜)】の【50%分】をコインで還元中☆★